韓国の教科書で紹介された日本の市民団体 その中身を辿ると行きつく先は・・・

ハンギョレ新聞

韓日の歴史和解に努めた日本の市民団体、韓国史教科書に紹介

 韓国史の教科書に韓日間の歴史和解のために努力する日本の市民団体の活動が紹介された。日本の市民団体の活動が韓国の高等学校の韓国史教科書に具体的に紹介されたことは初めてだ。

5日に「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」が分析した結果、昨年検定を通過した韓国の高校の韓国史教科書8種のうち3種に「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」、「第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会」など日本の市民団体の活動が含まれた。

「ヘネムエデュ」版の韓国史教科書には「韓国と日本を近づける人と努力」というタイトル(312ページ)で「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」(以下、名古屋訴訟支援会)を紹介している。この団体は、太平洋戦争の時に強制動員された朝鮮女子勤労挺身隊(以下、勤労挺身隊)の女性たちが日本の三菱重工業を相手に起こした損害賠償請求訴訟を支援している日本の市民団体だ。教科書には、この団体が韓国に暮らす被害者の人々の訴訟費用や航空運賃、滞在費を支援するなど、名誉回復と被害救済のために努力した活動が載っている。また、2017年に共同代表の高橋信さんなどが光州市(クァンジュシ)名誉市民証を受けた事実も写真と共に伝えた。

「東亜出版」版の韓国史教科書にも「歴史和解のための多様な努力」というタイトル(302ページ)で、ドイツ、南アフリカ共和国、カナダの事例とともに日本の名古屋訴訟支援会が紹介された。教科書には、1998年に結成されたこの団体が毎週金曜日に強制動員に対する謝罪と賠償を促す「金曜行動」を行なっていることも強調している。また「天才教育」版の韓国史教科書も「葛藤の解消と平和定着のための努力」というタイトル(312ページ)で、2012年に韓国の「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」と、日本の「北陸連絡会」の会員たちが東京の戦犯企業の前で共同で開いた集会を紹介している。

続きはこちら

記事内にある、韓国の教科書で紹介されている

日本の市民団体なるもの

その代表の高橋信氏についてちょっと調べてみると

愛知県平和委員会理事長でした。

この愛知県平和委員会という団体を調べてみると

色々と主張していますね

「憲法9条を守る」

「原発ゼロ」

「軍事費削減」

なんといっても、目撃情報を集めているようで

その例えが…

・自衛隊が街中で行軍訓練やっていた
・軍用機がうちの上空を飛んでいた
・近くのショッピングセンターで自衛隊が広報活動していた
・基地関係の事故が起きたらしい     など

※愛知県平和委員会HP目撃情報より引用

調べれば調べるほど

「そうなるよね」といった内容でした。

母体である、日本平和委員会については

本当に日本の平和なのか

韓国の平和なのかと

疑問に思うような内容。

安倍前総理を目の敵にしてます。

日本では言論の自由がありますので

ある程度の主張は認められますが

何の「平和」なのかは

はなはだ疑問であります。

ちなみに軍事費の削減と米軍の排除は

両立しないと思いますよ。

米軍を日本から追い出すのであれば

自衛隊は「日本軍」にして

防衛費もそれなりにしないと

中国にやられますよ。

ってそれを狙っているのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする