韓国で日本車の販売台数が増加 韓国ネット「NOJAPANはどこへ」「反日をあおるのはやめて」

Record China

2021年4月5日、韓国・京郷新聞は「プライドは捨てたのか…再び増加する日本車販売」との見出しで「先月の日本車の販売台数が今年に入って初めて昨年比で増加した」と伝えた。

記事によると、韓国の3月の輸入車の新規登録台数は昨年同期比34.4%増の2万7297台だった。メーカー別ではメルセデスベンツが7597台で1位となり、BMWが6012台で2位、アウディが2737台で3位となった。

国別では日本が昨年同期比23.5%増の1737台を販売。記事は「新モデルの発売と(19年7月の日本の対韓国輸出管理強化措置をきっかけに始まった)日本製品不買運動の弱化により販売台数が増えたとみられる」と分析。また「日本で韓国メーカーの乗用車販売はほぼ皆無で、商用車が年間数十台売れている程度だ」とも伝えている。

このニュースを見た韓国のネットユーザーからは「なぜわざわざ日本車を選ぶのか」「日本車は買わないで」「韓国人はプライドを持つべきだ」「日本車に乗る人は交通ルールをしっかり守ってね。日本車が違反したら、どんなにささいなことでもすぐに通報するようにしているから」「NOJAPANはどこへ行ってしまったのか。残念でならない。日本ではあの有名なサムスンのスマホでさえ売れないというのに」など批判的な声が数多く寄せられている。

一方で「ベンツより安いのに質が良くて世界的に有名。日本車が売れるのは当然」「良い車だから買うだけ。『プライドを捨てた』なんて言って反日をあおるのはやめてほしい」「韓国車が日本車より安くて品質の良い車を造れば日本車を買わなくて済む。簡単なことだ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

反日こそが絶対正義の

反日活動家の皆さんにとっては

屈辱的なニュースですね。

不買運動の力が失われてきていますよ!!

日本車よりも現代でしょう!!

ちなみに、韓国車は日本では売れませんよ。

安心信頼の日本の地形に合った

日本車があるのに

何故それよりも信頼できない車を

買わなければならないのか

その一言に尽きます。

不買運動しなくても売れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする