猿真似パフォーマーの韓国サッカー選手、約20年前の性的暴行疑惑で暴露戦

中央日報

小学生当時の後輩への性的暴行疑惑が浮上したサッカースター奇誠庸(キ・ソンヨン、32、FCソウル)が厳正な法的対応意志を繰り返し明らかにした。

奇誠庸のマネジメント社側は26日、「被害者というCとDは弁護士が発送した報道資料を通じて疑惑を繰り返し提起している。事実無根であることを改めて明確にする」と述べた。

続いて「彼らがメディアを通じて虚偽事実を流布し、選手の人格と名誉を抹殺しようとする悪意ある態度を続けることに驚きを禁じ得ない」とし「陰湿な攻撃と脅迫に断固対処する。厳正な法的措置を取ることになるだろう」と強調した。

該当事件の情報提供者であるCとDの法律代理人パク・ジフン弁護士(法務法人ヒョン)は24日、「同じサッカーチーム出身のCとDが小学生だった2000年、サッカー部の1年先輩のAとBに性的暴行を受けたという事実を明らかにした」と主張した。パク弁護士はAについて「最近、首都圏の名門チームに入団した元国家代表のスタープレーヤー」と表現したが、その後、加害者Aは奇誠庸という推測が広がった。

これに対し奇誠庸が所属マネジメント社を通じて事実無根を主張し、法的対応を予告した。25日には奇誠庸本人がSNSに「サッカー人生をかけて報道された内容が私と無関係であることを明らかにする」とコメントした。

パク弁護士は26日、「(奇誠庸の性的暴行疑惑に関連し)十分に明白な証拠を確保した。(疑惑否認など)奇誠庸選手側の非道徳な態度が続くのであれば、やむを得ず公開せざるを得ない」と暴露戦を続けた。奇誠庸側が事実無根と強硬対応を繰り返し主張したことで、パク弁護士が言及した「明白な証拠」に関心が集まっている。

発表された内容により

「キソンヨン選手ではないか」と推測されただけでしたが

結局被害者側の弁護士が

キソンヨン選手ということを認めたんでしょうね。

過去記事:2011年アジアカップ日韓戦の猿真似&旭日旗火付け役のあの選手に性的暴行疑惑?? マネジメント会社は否定

これは、最終的に完全暴露まで行きそうな予感・・・

ただ、どちらが本当のことを言っているのかは

わかりません。

しかし、キソンヨン選手は

日韓戦で猿真似パフォーマンスを行ない批判を受け

その言い訳に「旭日旗」を引っ張り出してきました。

当時日韓戦が行われたスタジアムに

「旭日旗はなかった」という証言もありますので

彼が嘘をついている可能性は

十分にあります。

真っ向から否定した以上

「クロ」であれば

謝罪と賠償、引退の可能性もあるでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする