新型コロナウイルス対応で上げた支持率を新型コロナウイルス対応で下げる、文在寅大統領。

中央日報

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率(肯定評価)は39%で、2週間前と変化がないことが明らかになった。

19日、世論調査専門機関「韓国ギャラップ」によると、今週文大統領の国政遂行支持率は39%を記録した。否定評価は50%、その他は意見を留保した(どちらでもない4%、分からない/回答拒否7%)。今回の調査結果は今月5日の大統領国政支持率(39%)と同一だ。否定評価は52%を記録したことがあるが、今回の調査では否定評価が2%ポイント減り、留保意見が2%ポイント上昇した。

ギャラップは「昨年12月から大きな変化はなく、職務肯定率が37~40%の間、否定率は50%台を維持している」と説明した。

年齢別の肯・否定率は▼18~29歳(以下「20代」)28%-52% ▼30代49%-43% ▼40代49%-48% ▼50代41%-53% ▼60代以上33%-52%となっている。

支持政党別には、与党「共に民主党」支持層の73%が大統領職務遂行に対して肯定的に評価したし、野党「国民の力」支持層は91%が否定的だった。現在支持する政党がない無党層でも、肯定・否定がそれぞれ21%・56%で、否定率が上回った。

政治的志向別の大統領職務肯定率は進歩層で64%、中道層で35%、保守層で20%だ。

肯定評価の理由としては「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対処」(36%)という意見が最も多く、「全般的にうまくやっている」(6%)、「福祉拡大」(5%)、「最善を尽くす・熱心にやっている」(4%)、「庶民のための努力」「外交・国際関係」「基本に忠実・原則通りにしている・公正だ」(以上3%)の順だった。

否定評価理由としては「不動産政策」(26%)、「新型コロナ対処不十分」(10%)、「経済・民生問題解決不足」(9%)、「人事問題」(7%)、「全般的に不足している」(6%)などを指摘した。

政党支持度は共に民主党38%、無党層29%、国民の力21%、正義党5%、国民の党4%、開かれた民主党2%の順で、その他政党・団体の合計は1%だ。

2週間前と比較すると、共に民主党が2%ポイント上昇し、国民の力は1%ポイント下落した。両党の支持率格差は1カ月前の10%ポイントから再び17%ポイントに拡大した。

今回の調査は電話調査員インタビュー形式で進められ、標本誤差±3.1%p(95%信頼水準)・回答率は15%だ。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認することができる。

どうやら、下げ止まりしているようです。

支持率が下がったのは予想通りでしたね

過去記事:文在寅大統領の支持率急落、反日扇動も効果薄か・・・

初期の対応が上手くいっただけで

それ以外では散々

外交なんて0点では??

韓国の大統領は

大統領になるまでが全力で

就任後は燃え尽き症候群のよう・・・

韓国の現政権には

これからも期待できないでしょうね。

皆の反応

岩盤支持層ハンパ無い。
支持率下落維持最大の要因は、反日を弱めたことだろう。
次期大統領選挙が控えているだけに、文政権は気になってしょうが無いだろうな。
その意味も無い支持率が文在寅大統領を苦しめてると思う。
日本にとって韓国はゼロサムゲームの相手。
今回も回答率15%しかない。前回の5%よりはましか。というかいつも意味なし。
5年任期の大統領で次期大統領選が15ヶ月後というタイミングで支持率39%はきわめて高い支持率と言わざるを得ない。
この状況下でもまだ4割近くも支持されている方が怖い。
回答率15%でどういう考えで95%信頼水準になるのか。
ほとんど反日以外何もしていない状態でこの支持率、これを見るとやはり韓国の反日は根強いようですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする