中国のマンション事情 中国メディア「中国業者は5年で不具合、日本業者は10年経っても新築のよう」

サーチナ

日本の業者が上海に建設したマンションが「違いすぎた」=中国

 日本の住宅事情は中国とずいぶん違う。日本の住宅は住む人のことを考えて設計しているので住みやすく、耐久性に優れているので100年住めるとさえ言われている。では、日本の開発業者が中国で建設したマンションはどうなのだろうか。中国メディアの快資訊は2日、「日本の業者が上海に建設したマンション」を紹介する記事を掲載した。

中国の建物は新しくてもすぐに問題が出てくるものだ。記事は、中国のマンションのなかには「5年から10年で外壁のはがれなどの不具合」が出てくるケースは決して珍しくないとし、一言で言えば「品質保持期間が短い」と紹介。一方、日本の業者が請け負ったマンションは、中国では珍しく「10年を超えても新築のようにきれい」だと称賛している。

記事の中国人筆者が紹介しているのは、上海にある築10年のマンションで、今でも新築のようにきれいだという。記事はその理由を「建築資材が良く、維持管理が行き届いているため」と分析している。敷地内の道路や芝生まできれいに掃除され、廊下もエレベーター内もピカピカに磨かれ、「共用部であっても家の中よりきれいだ」と伝えている。

また、設計自体も中国と違い「収納空間が広い」ので、家を片づけやすいと紹介。リビングの壁には「調湿建材」を使用していることに驚いているが、梅雨の長い日本ならではの得意分野と言えるだろう。他にも「防音」の良さと「水回り」の細かさ、それに「完成後、一定期間は入居させない」ことにも感心している。これはシックハウス対策のためで、日本の業者は本当に客のことを考えていると称賛している。

日本の住宅は、長く安心して住める家を目指し、住む人のことを考えて設計・建築していると言えるだろう。中国は建築業界に限らず、儲けを早く出すことにこだわりすぎる傾向がある。日本の業者を見習い、目先よりも長い目で見ることを学ぶべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)

中国では、目先の利益にこだわっていることが

多いように見受けられます。

日本では、そのようなことをすれば

会社の信用が失墜し

後々大きな代償を支払うことになります。

中国には「責任」という言葉はないのでしょうか?

皆の反応

朝鮮では、何もなくてもビルが自然倒壊する。
中国の業者は利益最優先。
中国の人たちってすごく忍耐強いかよっぽど鈍いかどっちか知りたい。
日系が建てた上海の太陽広場と言うマンションは築25年以上経つが 中華系より新しく見える。
昔、蘇州園区と上海静安寺近くで買ったマンションは新築から2年で外壁が割れたり最上階の人は水漏れで困っていた。
国民の多さが仇になってる。
あれだけの国民が利益を求めたら、とてもじゃないが世界中のお金を食い尽くすだろうな。
どちらにしろ日本の技術に勝る国は無い?
日本では、家を買うのは一生に一度ぐらいの買物だ。 酷い家を建てたら商売に成らないだろう。
十数年前、瀋陽やハルピンに行った時ホテルのエレベーターに乗ったらエレベーターの床と停まった階の床の差が10cm程あった。
日本だって今は杭が岩盤に届かぬまま検査すり抜けて完成したとして売りさばいて、傾いたとか普通だし、混ぜちゃならぬスラッヂ混ぜたのに役所がOK出しちゃったり、中国と遜色ない。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする