慰安婦支援の韓国市民団体 2015年の日韓合意について「日本政府は責任を果たせ」

聯合ニュース

慰安婦支援団体 韓日合意巡る韓国政府の言及に反発

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は13日、ソウルの日本大使館前で開催した慰安婦問題解決を求める定例の「水曜集会」で、外交部が論評で2015年12月の慰安婦問題を巡る韓日政府の合意が両国政府の公式合意だと言及したことに対し強く反発した。

外交部は8日、慰安婦被害者12人が日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁が原告勝訴の判決を下したことを受け、「政府は裁判所の判断を尊重する」との報道官論評を発表した。論評では慰安婦合意が両国政府の公式合意である点を確認するとの立場を示していた。

正義連は「歴史的な判決に対する韓国政府の反応は失望を超え憤りを感じる」と批判した。「政府が今からでも被害者の声に耳を傾け、日本政府に責任を果たすよう要求し、被害者の名誉と人権の回復のために全ての努力を傾けるべきだ」と促した。

正義連の李娜栄(イ・ナヨン)理事長は外交部に対し、慰安婦合意が韓日政府の公式合意だと論評した根拠を明らかにし、被害者の名誉と尊厳の回復に向けた具体的な方向性も示すよう求めた。

2015年の合意によって

全て終わりましたよ。

正義連の皆さんにとって

何が一番困るかというと

おそらく、自分たちの大義名分がなくなり

反日活動によって安定していたものが

崩れ去ることではないでしょうか。

1000年経っても同じことを続けていそうな

韓国人に、果たして

「未来志向」などという言葉は

本当にあるのでしょうか…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする