韓国で日本車の販売台数が減少 韓国ネット「まだ不買運動は終わらない」

Record China

日本車メーカーが軒並み「脱落」、韓国の輸入車市場に何が?=韓国ネット「ノージャパンは終わっていない」

2020年11月18日、韓国メディア・韓国経済は「日本のレクサス・トヨタが消えた…輸入車市場に何が?」と題する記事で、韓国輸入車市場の近況を伝えた。

自動車業界によると、今年の「1万台クラブ」には8ブランドが含まれる見通し。10月までにメルセデスベンツ(6万147台)、BMW(4万7093台)、アウディ(1万9498台)のドイツ3社が先頭圏を占め、フォルクスワーゲン、テスラ、シボレーなど7社も1万台の売り上げを達成した。また小型車ブランド「ミニ」も1万台に迫っているという。

一方で、これまで「1万台クラブ」に名を連ねてきた日本車メーカー各社は、今年は軒並み「脱落」が確定した。昨年は日本製品不買運動の中でもレクサスは1万3340台、トヨタは1万6774台を売り上げていたが、今年はレクサスは昨年同期比39.2%減の6621台、トヨタも43.3%減の4821台にとどまり、1万台の達成は難しい見通し。記事は「異例の割引や限定販売戦略を展開したが、効果はなかったようだ」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上には「不買運動はまだ終わっていない。まだ日本車が6000台も売れてることを反省すべき」「日本車に乗る人は韓国国民と認めない」「どんな車に乗るかは自由だけど、今の状況を考えてほしい。日本車の代わりになる車はいくらでもある」などの声が上がっており、まだ「ノージャパン熱」は冷めていない様子。

一方で「日本車を買うのは安い割に高クオリティーで維持費もそれほどかからないから」「そんなこと言っても日本車の売り上げは世界1位」「車を買うのはその人の自由。日本車に乗っている人までたたくのはやめよう」などの声も見られた。(翻訳・編集/松村)

韓国の日本製品不買運動の煽りを受けて

日本車は軒並み販売台数を減らしてはいますが

それでも6000台も売れたんですね

それも凄いな

心配なのは、過激な反日グループが

日本車に嫌がらせをするのではないかということ。

特に、日本企業の現金化が行われれば

まさに最悪まで行くでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする