徳島で妊娠中の妻に暴行し、流産させた夫を逮捕!! 夫「しゃべりたくない」

読売新聞

17歳妻は妊娠中、顔・腹部を殴る蹴る…切迫流産させる

 妊娠中の妻に暴行を加えたとして、徳島県警鳴門署は2日、鳴門市撫養町黒崎の男(22)を傷害の疑いで逮捕した。男は「しゃべりたくない」と話しているという。

発表によると、男は1日午前4時頃~10時20分頃、自宅などで妻(17)の顔や腹部に殴る蹴るの暴行を加え、全治3週間のけがを負わせて切迫流産させた疑い。

妻は、男からドメスティック・バイオレンス(DV)を受けていると県警に相談していたという。

これこそ、極悪非道という言葉が

ピタリと当てはまりますね。

余りにも酷すぎます。

元々の暴力性に加えて

流産も狙っていたのではないでしょうか。

このような野獣は

野に放ってはいけません。

檻の中に入れておきましょう

出すのなら、牙をもいでからですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする