自民総裁選敗戦の石破議員「議員との意思疎通を」 実のないところを見透かされているのでは??

共同通信

石破氏「議員交流に努めたい」 反省の弁、次回対応は未定

 自民党総裁選で3位に終わった石破茂元幹事長は14日、得票が伸び悩んだ結果を踏まえ「国会議員との意思疎通に努めたい」と記者団に語った。2012、18年の総裁選同様、国会議員の支持の低さが改めて露呈し、反省の弁となった。来年9月の次期総裁選への対応に関しては「まだ終わったばかりで来年のことは言えない。一党員として、自民党が多くの支持を得られるよう努力する」と述べるにとどめた。

地方票での強さを生かせなかった今回の総裁選と異なり、来年秋の総裁選は党員・党友投票が実施されるとして「より党員や国民に訴えることが大事だ」と強調した。

石破議員は

中身のないことを

永遠と話すことには

長けていると思います。

が、本当に中身がない…

「どうしたらいいのか」

「どうすればいいのか」

その答えを出さずに

「皆で話し合わなければいけない」

「皆で考えなければいけない」

そう言うばかりです。

それでいて、安倍総理には

後ろから撃って

直接言わない

これを人は「卑怯」と言います。

「ゼロから始める自民党生活」でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする