日本の大麻合法化推進者に 杉村太蔵氏「自分の主張に合った海外のことしか言わない」

スポーツ報知

杉村太蔵、伊勢谷友介容疑者逮捕を受け一部の大麻合法化主張の声をバッサリ「アジアの国は日本より厳罰化。自分の主張に合った海外というのが納得できない」

 13日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、8日に大麻取締法違反(所持)で逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)について報じた。

一部で大麻合法化を議論するべきだという声があることに、元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)は「海外では合法化されていると言いますけど、その背景には完全に大麻や違法薬物がはびこってしまって、かえって違法かにすることによって、反社会的勢力がはびこってしまう。政府としてはやむやむ合法化せざるを得ないといった社会背景」と説明。

そして「今の日本は決して薬物がまん延しているわけではない」とした上で「こういった状況での合法化議論はおかしいと思いますし、そもそも海外がって言う人は、自分の都合のいい海外なんですね。圧倒的にアジアの国なんかは日本より厳罰化の国が多いですね。だから自分の主張に合った海外というのが納得できない」と主張した。

これはその通りですね

自分たちの都合の良い部分だけを切り取って

「海外はこうだ」

「日本は遅れている」

などと煽る

日本には必要のないものですので

どうしても欲しい方は

合法の国に移住して

好きなだけ使用してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする