新型コロナウイルス感染長期化 韓国の若者が公園に集まって踊り狂う

朝鮮日報

コロナ夜間通行禁止下の漢江公園、即席合コンしていちゃつく姿も

 4日深夜0時ごろ、ソウル・汝矣島にある漢江公園のあちこちからテンポの速い音楽が聞こえてきた。スマートフォンから流れ出る音楽をポータブルスピーカーで大きくしている音だった。この音楽に合わせて酔った若い男女が所構わず踊っていた。「野外クラブ」を予想していたかのように、蛍光カチューシャや蛍光ブレスレットを用意してきた人も多かった。ノリノリで十数人が歌を一緒に歌ったり、歓声を上げたりした。最初は男同士、あるいは女同士で座って酒を飲んだり食べ物を食べたりしていたグループも、夜が深まるにつれて一つ、また一つと隣の異性グループと同席していった。「社会的距離確保2.5段階」が施行されてから初めての金曜日の風景だった。

飲食店やアルコールを提供する店の夜間営業を完全禁止した「社会的距離確保2.5段階」の状況下で、週末を迎えた20-30代の若者たちはソウル・漢江市民公園などの川辺や宿泊施設などを「新型コロナ夜間通行禁止解放区」と見なした。新型コロナウイルス防疫体制の長期化で疲弊している市民たちは川辺でクラブ音楽に興じ、「ナンパ」を始める若者たちもいた。

コロナ疲れですね

しかし、その中で感染している人が

いるかもしれませんので

十分注意しなければ。

日本でも注意しないと

同じように集まって

そこから集団感染が起きるかもしれません。

とにかく、今年は我慢を!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする