台湾前高雄市長のリコール成立による補欠選挙で、蔡英文総統率いる民進党の候補が圧勝!

フォーカス台湾

高雄市長補選、与党・民進党の陳其邁氏が圧勝/台湾

(台北中央社)高雄市長補選は15日に投開票され、与党・民進党の陳其邁(ちんきまい)氏が野党2候補を大きく引き離して圧勝した。同市選挙委員会の集計によれば、陳氏の得票数は67万1804票(得票率70.03%)、投票率は約41.7%だった。

今年6月に行われた住民投票で最大野党・国民党の韓国瑜(かんこくゆ)氏のリコールが成立し、解職されたのに伴う補選。国民党からは李眉蓁(りびしん)高雄市議、昨年結成された新党、台湾民衆党からは呉益政(ごえきせい)同市議がそれぞれ立候補していた。

(編集:塚越西穂)

台湾でも、次々と親中派が破れてますよね。

「台湾は台湾であって中国ではない」ということです

中国は「一つの中国」と題して

台湾にまで触手を伸ばそうとしているのは明白

台湾が台湾であるために

台湾にも台湾民の力が必要です。

日本は、台湾と協力し合って

中国と対峙すべき

台湾、高雄市長のリコールについて

リコールにより罷免となったのは

最大野党の中国国民党、韓国瑜氏

市長となって僅か4か月ほどで

台湾の総統選に出馬

総統選中約3か月は市長の仕事を休職

また、疑惑や市長選で掲げた目標も全く果たせず

徐々に市民の信頼を失いました。

リコールによる罷免投票が行われる際には

罷免投票が認められる投票率25%に届かないよう

自身の支持者には

投票に行かないように呼びかけましたが

結局は25%を超えてしまい

罷免され、失脚

高雄市長への再立候補も

法律により4年出来ないこととされています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする