文在寅大統領「慰安婦被害者が納得するまで解決方法を探す!!」

中央日報

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8・15光復節(解放記念日)を翌日に控えた14日、旧日本軍慰安婦問題に関連し「問題解決の最も重要な原則は『被害者中心主義』」と改めて強調した。

文大統領はこの日、忠清南道天安(チョナン)の国立墓地「国立望郷の丘」の被害者追悼碑の前で開かれた「日本軍慰安婦被害者の日」記念式に送った映像メッセージで、「政府はおばあさんたちが『これでいい』と言う時まで、おばあさんたちが納得できる解決方法を探す」とし、このように述べた。

「8月14日」は1991年に故金学順(キム・ハクスン)さんが「慰安婦」被害事実を初めて公開証言した日。政府はこの問題を共に記憶するために2017年12月、この日を国家記念日に指定した。2018年から政府記念式を開催し、今年が3回目の記念式となる。

2015年に

当時の朴槿恵政権と

日韓慰安婦合意がなされ

「最終的かつ不可逆的な解決」をしたことを確認しています

それなのに、そこに「慰安婦の思いがなかった」と

韓国側から一方的に

合意をなかったことにしてきました。

彼らにとっては、約束など

その時の気分で

どうにでもなるもののようです。

慰安婦問題については

日本か完全に解決済みの立場です

韓国は、まるで乞食のように

日本にタカっているとしか思えませんね。

それよりも、慰安婦ビジネスについては

どう思っているのでしょうか

寄付された約7億9千万円にうち

大半が不正流用されていたそうじゃないですか。

それに、慰安婦と思われていた方が

実は慰安婦じゃないとか…

国家ぐるみでうそをつき続ける韓国こそ

未来はないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする