コピー大国の中国でも マネすることが出来ない「エンジン」

サーチナ

中国のエンジンが日本のエンジンを超えられない、シンプルな理由

 中国メディア・騰訊網は27日、「どうして国産のエンジンは、日本のエンジンを超えられないでいるのか」とする記事を掲載した。

記事は、経済発展に伴って高速鉄道などさまざまな技術が飛躍的な進歩を遂げた中国にあって、エンジン開発は「気まずい状況にある」と紹介。強いトルクを持つエンジンが作れないほか、海外メーカーが持つ精度の高い組み立て技術に加え、高い技術力と豊富な経験持った技術者も不足しているとし、設計から製造に至るまで、質の高い自国製品を作り上げるまでの道のりは、まだまだ遠いとの見方を示した。

そして、中国産エンジンは日本産のエンジンと同じレベルで語ることはできず、現在に至るまで日本のエンジンに追いつけていないと指摘。その理由についてエンジンづくりの基礎となる工業分野で日中間に一定の差があるとし、使用する金属材料の冶金、混合技術、シリンダーとピストンの密閉度、部品の公差など、エンジンの効率的かつ安定的な出力を支える技術面で劣っていると伝えた。

そのうえで、日本は材料の質、技術の質が揃っているからこそ世界的に高い評価を受けるエンジンを作り出すことができ、中国産のエンジンは燃費、効率、信頼性、性能いずれにおいても日本に及ばないのだとしている。

一方で、時間の経過とともに中国のメーカーもエンジン製造技術を向上させており、長安汽車の「藍鯨」エンジンや、奇瑞汽車の「ACTECO」エンジンなどがその好例であると紹介。「外国のエンジンのレベルにはなおも及ばないものの、技術の発展と進歩に伴って国産自動車エンジンの性能は今後ますます高まっていくだろう」と期待を寄せた。(編集担当:今関忠馬)

見た目は同じものを作ることはできても

根幹の部分のひとつひとつが

まだまだということですね。

これに関しては

技術を軽んじて

真似ばかりをしてきたツケだと思いますよ。

本気で取り組まない限り

追いつくことは不可能でしょうね。

結局、楽なコピーをしてしまいますし

日本の技術者を招いて

技術だけ盗んでポイするようでは

いつまでも発展はしないでしょう。

中国数千年の歴史で培ったのは

「模倣」ですかね??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする