シンガポール人が、諜報活動 中国のために情報を流していた!!

大紀元時報

おそらく、彼も中国共産党に

弱みを握られていたのでは??

しかし、アメリカに捕まる前に

消せなかったのは

中国のミスですね

(スパイ映画の見過ぎかも笑)

日本にはどれだけの

中国工作員がいるのでしょうか

考えるだけでゾッとします

中国のスマホは格安ですけど

怪しすぎますね・・・

知らないうちに

中国に個人情報が渡っているかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする