東南アジアでシェアの拡大する韓国車に韓国ネットユーザー歓喜!! 「全ての分野で韓国が日本を超える日が来るかも」

Record China

ASEAN市場で日本車のシェア減少、韓国車は増加=韓国ネット「日本を超える日が?」

2020年7月23日、韓国・SBSCNBCは「東南アジア諸国連合(ASEAN)の車市場でも韓流ブームが起きている」と伝えた。

記事によると、ASEAN市場における韓国の自動車メーカーのシェアは毎年増加傾向にある。昨年は5.2%で前年より0.5ポイント増加した。一方、日本メーカーのシェアは74.3%で、前年より1.7ポイント減少。中国メーカーは1.6%で0.3ポイント増加したという。

韓国自動車産業協会は「相変わらず日本メーカーのシェアが圧倒的」としつつも「韓国メーカーのASEAN市場進出が本格化した2015年からの販売数を考えると、韓国メーカーは毎年増え続けているが、日本メーカーの売り上げは減っている」と説明したという。

韓国メーカーはベトナムを中心にシェアを拡大させている。昨年のベトナム市場で日本メーカーのシェアは52%、韓国のシェアは31%だったという。

これに韓国のネットユーザーからは「全ての分野で韓国が日本を超える日が来るかも」「韓国車が世界を占有する日が来ますように」「韓国企業が外国で活躍する姿を見るのはうれしい」など期待や喜びの声が上がっている。

また「韓流を利用して、車に関するドラマを作ったらいいPRになるのでは?」と提案する声や、「現代自動車は販売数より安全な車を造ることに集中してほしい。韓国に恥をかかせないように」と警告する声も。

一方で「日本メーカーは74%で韓国メーカーは5%。まだまだ遠く及ばないということ。東南アジアで韓国車はほぼ見ないし、見たとしてもタクシーだ」「韓流ブームだって?東南アジアに行くと日本車ばかりでうんざりするのに」などと指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

2015年に本格参入したということは

まだまだ、日本車との違いを感じる時期では

ないかもしれませんね。

もう5年~10年経過すれば

日本車は長持ちで韓国車は…と

なるのではないでしょうか??

ランニングコストがどの程度なのかを知ることで

どちらがお得かわかると思います。

皆の反応

一時期、ベトナムで安い中国製バイクが日本製バイクにとってかわったことがありましたが、今では中国製バイクの姿はなく、日本製バイクばかりになった
車産業に全く関係ない人がネット上で一喜一憂して…
2015年あたりからですか、そろそろ、クレームで、もう二度と買うか、ということが出始める頃じゃないですか。
値段で勝負の韓国車。
韓国車はおそらくは日本車よりと言うかその他の外国車より早く故障するでしょう。
たった0.5%シェアを伸ばしただけで、日本車を超えるとか、世界中を席巻するとか
来年はスマホ弄りしながら組み立てた欠陥車が問題になって、シェアが半分以下になったりするのがオチだろう
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする