アメリカの州知事 トランプ大統領「韓国人はひどい人々だ」と愚痴をこぼしたことを暴露!!

中央日報

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の相手をするのは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々だ」

米国のドナルド・トランプ大統領が今年2月にこのような話をしたという主張が出てきた。「韓国の婿」というニックネームを持つ米国メリーランド州知事のラリー・ホーガン氏がワシントン・ポスト(WP)に16日(現地時間)に寄稿した文章『一人で戦うこと(fighting alone)』でだ。この中には、トランプ氏の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)への対応失敗、ホーガン氏が新型コロナ診断キットを韓国から空輸した過程などの内容も含まれている。

トランプ氏の韓国非難発言が登場したのは2月7日。共和党州知事協会がワシントンDCで主催したトランプ氏との夕食会でのことだ。トランプ氏は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の相手(dealing with)をすることは本当に好きじゃない。韓国人はひどい人々(terrible people)だ」としながら「なぜ米国がこれまで彼ら(韓国)を保護してきたのか分からない。彼らはわれわれに金を出そうとしない」と不平をこぼしたとホーガン氏は伝えた。当時は、韓米防衛費分担金協定締結の日程がずれ込み、米国が在韓米軍韓国人勤労者の無給休職カードを持ち出して韓国を圧迫していた状況だ。

夕食会にはホーガン氏の韓国人妻であるユミ・ホーガン氏も同席した。ホーガン氏は「トランプ氏が母国(韓国)のことを侮辱する間、妻はそこに座っていた。私は妻が傷つき、とても気を悪くしていたことを察知した」とし「妻はその場を離れたいと思っていたことを私は知っている。だが、妻は礼儀正しく静かに座っていた」とした。

トランプ氏はこの夕食会の席で韓国を非難したのとは対照的に、習近平中国国家主席をどれほど好きか、安倍晋三首相とゴルフをすることがどれくらい良いか、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とどれほど関係が良いかなどについて話をしたという。

一方、ホーガン氏は当初11月の米大統領選挙を控えて共和党予備選挙に参加することが有力視されていたが、昨年6月、WPとのインタビューで不出馬を宣言した。

2月の段階で嫌われていたんですね。

というか、度々そんな話が出てきますよね

「文在寅は信用できない」とか

今はまた情勢が違うので

もしかしたら、そこらへんも

変わっているかもしれませんがね。

金正恩氏からも「信用できない」と言われているらしいので

やはり信用できない可能性が・・・

皆の反応

何か評価できる点がある?
トランプ氏が嫌な相手と日本は少なくとも70年は付き合わされている
知ってるよ。2分会談の時点で気付けよって話。
トランプはアホやから、思ってることをストレートに出す。
もともと少ない国連分担金ですら滞納率世界一で、それにもかかわらずマウント取って日本を貶めようとする
アラブ首長国連邦での原発遅延、イランへの原油代金未納、ラオスのダム決壊、インドでの化学工場爆発等々他国へは全く貢献せずに迷惑ばかりかける国
昨年のG7サミットでも同様の発言をしている。
北朝鮮以外で韓国が他国に貢献したりしたことってある?
トランプ氏がとんでもない奴だと言いたいようだが、トランプ氏は正直な人である
米国の州知事の自覚がないという点で、知事にも問題ありと言えましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする