日本の自動車会社、日本製品不買運動の煽りで韓国国内での売り上げ激減 トヨタ=半減 ホンダ=9割減 日産=撤退

聯合ニュース

韓国トヨタ 不買運動で営業利益が半分に

【ソウル聯合ニュース】韓国でのトヨタ自動車と同社の高級車ブランド「レクサス」の売上高が減少した。日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響した。

 韓国トヨタ自動車が13日に公表した監査報告書によると、2020年3月期通期(19年4月~20年3月)の売上高は7980億ウォン(約710億円)で前期比33.4%減少した。営業利益は331億9000万ウォンで同51.4%減だった。純利益は509億8000万ウォンから219億6000万ウォンに減った。

ただ、トヨタはホンダや日産自動車に比べ善戦している。ホンダコリアは営業利益が前年比90%減少し、日産は韓国市場からの撤退を決めた。

韓国トヨタは今年、日本本社に219億6000万ウォンを配当する。18年と16年は無配当だったが、17年は315億5000万ウォンを配当した。

日本企業は撤退しても良さそうだが…

まぁ利益が出ている間は

無理をして撤退しなくてもいいですが

今後も、日韓関係が良くなることは

当面ないでしょうから

苦戦は必須だと思います。

ホンダの撤退も近いかもしれませんね。

トヨタは・・・レクサスが頑張るかも。

それでも、以前のような売り上げに戻る可能性は

低いかも・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする