日本の輸出管理体制強化→NO JAPAN→苦しい日本企業

朝鮮日報

対韓輸出規制から1年 不買運動に苦しむ日本企業

【ソウル聯合ニュース】日本政府が自国企業に賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の強制徴用訴訟判決に対する事実上の報復措置として半導体材料などの輸出規制を強化する措置を取ってから1年がたつ中、韓国に進出した日本企業の苦戦が続いている。輸出規制強化を機に韓国国民の間に日本製品の不買運動が起こった影響で、日本製の飲食料品や自動車、生活用品などの売れ行きが急減した。

韓国の企業情報サイト、CEOスコアが5日に出した日本の消費財企業31社の業績分析によると、これら企業の昨年の韓国での売上高は前年と比べ平均6.9%減少し、営業利益は71.3%急減した。

中でも飲食料品業の昨年の売上高は前年比19.5%減少し、営業利益、純利益ともに赤字転落した。

アサヒビールを取り扱うロッテアサヒ酒類は昨年の売り上げが50.1%減の624億ウォン(約56億円)にとどまり、308億ウォンの営業赤字に転落した。

スープ商品が人気だった味の素の韓国法人は昨年、売上高が34.2%減少。営業利益は70.6%減った。

ほかの業種の売上高も大きく減少している。自動車・部品は16.8%、生活用品は14.5%それぞれ減少した。

ホンダの韓国法人の売上高は22.3%(1041億ウォン)減少し、純損失は146億ウォンに達した。

ユニクロの韓国法人、エフアールエルコリアの昨年の売上高は31.3%(4439億ウォン)急減し、2402億ウォンの営業損失を出した。
スポーツ用品「デサント」、生活用品「ライオン」、生活雑貨「無印良品」の昨年の売上高もそれぞれ15.3%、12.9%、9.8%減少した。

ほかの業種の売上高も、化粧品小売業が7.3%、流通業が3.1%減少するなど影響は広範囲におよんでいる。

一方で日本のIT・電機業は昨年、売上高が10.8%、純利益が10.0%それぞれ増加した。任天堂やソニーなどが好調だった。同業種でもキヤノン、パナソニック、ニコンなどは売上高が2桁減となり明暗が分かれた。

韓国市場はそれだけ不安定で

リスクも高いということが分かったと思います。

いつ何時、またボイコットが始まるかわからないという

大きなリスクを背負ったまま

韓国でも商売をしていくか

韓国に見切りをつけて撤退するかは

トップの判断にゆだねられますね。

まだまだ色々と起こりそうな日韓関係

やはり、リスクがデカすぎる気がします

日本は早く竹島を奪還しないとね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする