法定速度60キロの国道で時速146キロで走行し、5人が死傷した事故の犯人に危険運転致死傷罪成立せず。

東海テレビNEWS

危険運転致死傷罪の成立認めず…“過失運転致死傷罪”の上限・懲役7年の判決 時速146キロで走行し5人死傷の事故

国道で146キロも出してたら、法定速度のような

まともな制御はできないでしょ。

客観的に見ても明らかなのでは??

これで危険運転致死傷罪に問われないのは

あまりにもひどすぎる・・・

この罪が適用される内容の中に

「 その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為」

となっていますけど


↑事故現場

事故現場の法定速度は60キロ

つまり、86キロオーバー

これで、進行を制御できるとは・・・

しかも夜間。

ありえませんね。

皆の反応

何のために裁判所が存在するのか、国民感情もくみ取って判決してほしい。
一般道、それも信号の無い交差点や歩道などがある道路をそんなスピードで走ること自体がそもそも危険運転。
裁判官にも弁護士にもまず人の心がない。
146kmの速度でクルマを制御できるとはとても思えません。
過失運転致死って交通ルールを守った運転をした上で事故を起こして、誰かを死なせてしまった時に【過失】ってなるんじゃないの?
普通に考えて146キロで夜に濡れた路面を走れば、事故を起こして人を殺すかもしれないと誰でわかるはず。
一般道を140kmで走行すること事態が危険。
あまりにも被害者感情に添わない判決に、部外者の私までもが崩れ落ちそうです。
146キロを制御可能で危険でないかどうか、事故が起きないよう同じ時間同じルートで裁判長が試してみてその上で判決出して貰いたいですね。
故意とか言う前に明らかに常識を逸脱した運転でしょ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする