韓国で、2か月後にはついに差し押さえた資産の現金化が可能に!!

中央日報

韓国裁判所の日本企業を対象にした韓国内資産差し押さえに関連した書類公示送達により、2カ後には日本企業の韓国内資産現金化命令が可能になる。

大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支院は1日、新日鉄住金(現日本製鉄)に対して資産の差し押さえに関連した書類を公示送達することにしたことが3日、明らかになった。書類を送達したにもかかわらず日本外務省が当事者に伝達せず、裁判所職権で一定期間が過ぎれば書類が送達されたと見なす公示送達を進めた。差し押さえ関連書類が送達されたと見なされる8月4日0時が過ぎれば、裁判所は債務者尋問過程などを経た後、現金化命令を下すことができる。

韓国大法院(最高裁)の日本製鉄に対する強制徴用賠償判決は2018年10月30日に下された。韓国大法院は強制徴用被害者5人に「それぞれ1億ウォン(約900万円)を賠償しせよ」と判決した。しかし、日本製鉄が賠償問題に対する立場を出さず、2019年1月2日、強制徴用被害者は日本製鉄を相手に韓国資産の強制執行を申請した。今年1月と3月、2回にわたって韓国ポスコと日本製鉄の韓国合弁会社「PNR」の株式19万4794株を差し押さえ、日本製鉄に差し押さえ事実を送達した。しかし、日本外務省は書類が届いたにもかかわらず書類を返送した。

一方、茂木敏充外相は3日、康京和(カン・ギョンファ)韓国外交長官との電話会談で「(韓国内日本)現金化されたら深刻な事態になる」と警告した。韓日関係は先が見えない霧の中に入りつつある。

これは、つまり日本は韓国と

手を切る理由が出来たということでしょう。

韓国には何の未練もありませんので

早急に竹島を奪還して

断交に踏み切るべきでしょう。

日本は1965年に賠償を果たしています。

過去記事:韓国で徴用工被害者と遺族らが新たに「集団提訴」

韓国政府が、被害者に対して

保証をしていないことが問題であり

韓国政府が果たすべき責任ですよ。

あまりにも無責任な韓国とは

今後も信頼関係など築けるはずもなく

ここできっぱりとお別れを言うべきですね。

日本政府は「遺憾砲」などという無意味なやり方だけは

やめていただきたい。

皆の反応

現金化したとして本当に募集工にお金が行くとも思えませんね。
韓国とかいう国が、日本に理由を与えてくれそうですね。国際法も守れない国とは安全保障に関わる。ということでこちらは本当の「経済制裁」というカードが切れる理由を持つことができます。
混沌としてるのは韓国だけ。日本は静かなもんだ。だって何もすることがない。する必要もない。
PNR株は資本金が50億近くもある非上場株、しかも合弁会社。売却するための膨大な費用と労力を考えると政府が介在しない限り現実味を帯びない。「~しないと~するぞ」の瀬戸際外交。
現金化をやるぞやるぞと言い続けたのに、期限はまだ過ぎていないの?8月4日?初めて聞いたよ…この期限は何時できたの…もう何時でも現金化出来ると言っていたのに…日本にしてみれば、やるやる詐欺にみえるんだけど…やるなら早くやったら…日本の次の一手は決まっている。粛々と前に進むだけ…日本をとことん怒らせたね
日産同様韓国から撤退されては、差押えた資産を現金化するのに不都合がでる可能性があり慌てて現金化するんでしょ?今後他の差押え訴訟もドンドン判決が出るはずです。
新しい日韓関係の始まりが近づいてますね。どうなることやら。ある意味楽しみです。
元々先が見えない相手だから速く売却して縁があれば出直すし、無ければ国交を閉じる
なにしろ、韓国企業でさえ韓国からの移転を図っているのですよ。
この状況で撤退しない日本企業もどうかと思う。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする