ギャンブル依存症者の給付金10万円の使い道は、やはりギャンブル!?

現代ビジネス

「給付金10万円をギャンブルで使われる!」依存症者の妻たちの悲鳴

世論の後押しにより、コロナ禍に対する緊急支援策として、特別定額給付金10万円を個人の支給とされたことは前進であったが、支給方法が世帯主による一括請求となったことには批判が高まった。

家庭内は決して安全な場とは限らず、支給方法には改善策が求められたが、かろうじて別居中のDV被害者に関する支援策が一部講じられたのみである。

ギャンブル依存症者を持つ家族からは「このままでは、10万円はギャンブルに使われてしまう!」と悲鳴があがっている。

続きはこちら

まぁそうなりますよね。

ですが、給付金の配布を急げば

このような形になるのは

想像出来ましたね…

パチンコ店はこれから稼ぎ時ってヤツです

ってか、何もしなくても客が来るなら

店側も、普段より勝たせる必要がなくなるのでは??

パチンコはやめましょ

公営ギャンブルの方がまだマシです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする