配布予定だった「妊婦向けの布マスク」の検品に8億円の費用が!!

産経新聞

布マスク、検品に8億円 妊婦向けで不良品

勘違いしている人が出現

布マスクの配布枚数は

妊婦や施設、全世帯合わせて

約1億5000万枚ほどが想定されているようです。

で、4万7千枚の返品分だけを

検品しているわけではないのが

最後の「全世帯向けは12日現在で12枚不良品を確認」に出ています。

現時点での配布官僚枚数が不明なため

どの程度の枚数を検品するのかわかりませんが

1億枚ほど検品するのかもしれません。

それと、「マスクで約税金500億が使われた」

これは明らかに違いますね。

マスクの予算は466億円

それに今回の約8億円を足しても474憶円になります。

というか、計上した466億円の中から出ると思うので

この計算は、そもそも成立しません。

それに、マスクの納品業者4社合わせて

約95億円でしたので

合わせて約103億円でしょうか。

「不良品なのだから納品業者が負担すべき」

この意見については

わからなくもないです。

一般企業の一般的なことで言えばそうなりますが

今回、4社とも費用について結構ギリギリで受けたのかもしれません。

まぁこれは完全なる主観であり

憶測でしかないのでわかりません。

なので、検品の費用まで賄えないとか?

あとは、外部の別の業者に調べてもらうことで

公平性を保つとか?

実際の部分がわからないので

何とも言えませんね・・・。

マスク関連については

今後も注視していく必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする