中国:体育の授業で生徒急死が相次ぐ・・・その原因がマスク??

朝鮮日報

マスクを着けて体育の授業…中国で生徒の急死相次ぐ

 中国の学校で、体育の時間にマスクを着けて走っていた生徒が突然死亡する事件が1カ月の3件続けて発生し、論争が起きている。

中国の「グローバル・タイムズ」などは6日、このところ浙江省温州、河南省周口、湖南省長沙の中学校で、マスクを着けて走っていた生徒が突然死する事件が起きたと伝えた。

温州市では先月14日、中3の生徒1人が体育の時間に突然倒れ、救急措置を受けたものの亡くなった。

続いて24日に周口市でも、体育の時間に走っていた中3の生徒が倒れ、病院に搬送されたが命を落とした。

さらに先月30日、長沙の学校で、1人の生徒がN95マスクを着けて100メートル走のテストを受けている途中に死亡した。

現地メディアによると、長沙で死亡した生徒の両親は、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)予防のため学校の規則に従ってマスクを着けて走ったことが息子の死因だと疑っている。

類似の事件が相次いだことから、中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では当局の措置に対する非難の声が起きている。ネットユーザーらは、体育の時間にN95マスクなど保健用マスクを着けるのは危険だと指摘した。

一方、専門家の意見は割れている。

中日友好病院の呼吸器の専門家、張ショ難(ショは糸偏に予)主任医師は「マスクを着けて運動することが死亡の直接の原因ではない」として、「その生徒の死亡がほかの疾病に由来していることもあり得る」と主張した。

逆に、北京大学基礎医学院の王月丹教授(免疫学)は「N95マスクを長時間着けていたら肺損傷を引き起こしかねない」として、「成人でも4時間以上N95マスクを着用してはならない」とコメントした。

また、上海德済医院の馬永貞・総合内科主任医師は「登校したり運動したりするとき、7歳以下の児童がN95マスクを着用するのは適切ではない」として、「こうしたマスクの着用時、めまいがしたり胸が苦しかったりといった症状を感じることがあり得る」と指摘。さらに「小さな子どもがN95マスクを着用する場合、肺損傷や窒息死の危険がある」と注意した。

ムン・イェソン記者

NEWSIS/朝鮮日報日本語版

そもそも論として

マスクつけてまで走らないといけないの??

やる必要ないと思いますけどね…

中国のマスクは

どんな環境で作っているかもわかりませんし

粗悪品だった可能性も…

マスクつけながらの運動って

まるでスポーツ選手がしそうな感じ。

一般人は絶対やめた方が良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする