麻生副総理が、台湾のコロナ対応を評価&WHO加盟を支持!!

フォーカス台湾

麻生副総理、台湾の新型コロナ対応を称賛 外交部が感謝

(台北中央社)新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、日本の麻生太郎副総理兼財務大臣が台湾の防疫対策を評価し、世界保健機関(WHO)参加を支持する姿勢を示したのを受け、外交部(外務省)は27日、心からの歓迎と感謝を表明した。

26日の参議院財政金融委員会で、WHOのテドロス事務局長への不信任感が各国で高まっている状況に言及した麻生氏。「WHOではなくCHO(チャイニーズ・ヘルス・オーガナイゼーション、中国保健機関)に直せという声がわんわん出たのがもと」とした上で、「WHOは大事な組織だが、台湾は入れないといって切ってしまった」と指摘。今回の新型コロナウイルス対策では「最もうまく対応しているのが台湾だと思う」と述べた。

テドロス事務局長をめぐっては、WHOが1月23日時点で緊急事態宣言を見送る決断をするなど、見通しの甘さが指摘されていたほか、顕著な中国政府寄りの姿勢も批判を招いていた。アメリカのオンライン署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」では、テドロス氏の辞任を求める署名活動が行われており、28日午後1時の時点で62万人以上の賛同者が集まっている。

外交部の欧江安報道官は、麻生氏の発言を心から歓迎し、長期にわたって台湾の国際組織参加を支持している日本に感謝するとした上で、日本と引き続き医療衛生、防疫などの分野における実質的なパートナーシップを深化させ、ともに新型コロナウイルスの感染を阻止して世界に貢献したいと期待を示した。

(陳韻聿/編集:塚越西穂)

WHOではなくCHO・・・

まさにそれですね

中国の言いなり。

WHOにお金出せばヘコヘコして

このままではWHOが

中国の傀儡に成り下がるかもしれませんね。

そうなれば、台湾の加盟なんて認めることはないでしょうね

「一つの中国」とか言って

香港まで完全に飲み込もうとしてますからね。

日本は中国や韓国より

台湾から学ぶべきかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする