リトアニアのナウセダ大統領が韓国の文大統領と電話会談 「韓国からコロナ対策を学びたい」

中央日報

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、リトアニアのギタナス・ナウセダ大統領の要請で首脳間の電話会談をした。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、文大統領とナウセダ大統領は電話会談で、世界的に感染が広がっている新型コロナウイルス感染症を克服するための両国の協力などについて議論した。

ナウセダ大統領は韓国政府の新型コロナ対応措置を高く評価し、「韓国との保健当局および専門家間の協議チャンネル開設など韓国の新型コロナ対応経験について学びたい」と述べた。また、韓国の新型コロナ診断キットおよび医療物品の購入に関心を表明した。

これに対し文大統領は「余力がある限り支援できるよう検討する」と答えた。続いて「韓国は欧州より先に新型コロナの感染拡大を経験し、防疫および治療の過程で多くの経験と臨床資料を持っていて、これをリトアニアなど国際社会と積極的に共有する」と述べた。

これに先立ち文大統領は26日に開催された主要20カ国・地域(G20)テレビ首脳会議で、国家間の移動と貿易に不必要な障害を誘発しないよう国際貿易を円滑に持続する案をめぐり首脳間で大きな枠組みの合意があったと紹介した。さらに今後の新型コロナ事態で世界経済が萎縮するのを防ぐため国際的な協調と連携が必要だと強調した。

一方、文大統領は「1991年の修交から着実に増えてきた両国の人的・経済的交流が来年の修交30周年を控え、新型コロナのためしばらくブレーキがかかったようで残念だ。事態が落ちつきしだい両国の交流がまた活発になることを望む」と語った。

ナウセダ大統領は昨年10月に私的に訪韓したことを伝え、「今後の機会に公式訪韓したい」と伝えた。

感染者数や経済的な打撃を考慮すると

本当に成功したと言えるのでしょうか??

とはいえ、韓国のデータを活用していくことは

良くも悪くも後のためにはなりますね。

皆の反応

韓国は余裕ですね収束もしていないのに。
新規感染者数も減少していない対応を見習いたいって・・・何を見習う予定なの?そして何を韓国は誇っているの?
先ずはトランプ大統領の支援要請に応えて次にイランの人道的支援要請に応えてから殺到する国々の要請に応えて下さい。
韓国の報道は中国と一緒。米大統領も仏大統領もカナダ首相もスペイン首相も全て相手側から文在寅との電話会談を要請して、韓国のコロナ対策を称賛して対策を学びたいとか、医療装備の支援を要請したとか、大統領府の発表を鵜呑みにした報道を垂れ流して国民に信じ込ませている。
韓国の対応は、終焉を迎えてから『教訓』として学ぶべき。勿論、建て前だろうが、韓国のコロナ対応は何にも解決していない。薬さえも「おんぶにだっこ」で助けを求める無能国家は相手にするべきではない。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする