与党 急場しのぎの現物給付検討か・・・

テレ朝news

コロナ対策「現金給付1万2000円以上」政府与党検討

 感染拡大による経済の落ち込みへの緊急対策として、政府・与党が1人あたり1万2000円以上の現金給付を検討していることが分かりました。

2008年のリーマンショックの後には1人あたり1万2000円の給付措置が実施されました。今回の給付額について、政府高官は「リーマンショックの水準を超える規模が必要だ」と述べていて、1万2000円を上回る額を検討していることを明らかにしました。給付の対象として、子育て世帯や所得の低い人に限る検討も行われています。一方、与党幹部からは商品券を配布することで確実に消費につなげる案も浮上しています。

これって本当に効果があるのでしょうか??

消費を促すためというよりは

けっこうな人数が預金しちゃうんじゃないかなぁと

そうなると、あまり意味のないものになってしまいそう。

それより、やはり消費税の減税が一番なのでは?

麻生政権の時の二の舞になりそう・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする