中国紙「日本は短絡的で短気な国」

サーチナ

強国と呼ぶにふさわしい日本、米国の制約がなければ「超大国」になれたのか=中国

 日本はアジア唯一のG7加盟国だが、敗戦後からここまで発展できたのは米国あってのことだとよく言われる。同時に、日本が「超大国」になれないのも米国による抑止のためと言えるだろう。中国メディアの百度は12日、「もしも米国の制約がなければ日本は超大国になっていたのか」と題する記事を掲載した。

記事はまず、日本がどれほどの強国かを紹介。面積も鉱物資源も中国の1つの省である黒龍江省にも及ばないのに、GDPは5兆ドルほどもある「隠れた大国」だと指摘した。例えば、宇宙開発技術や次世代戦闘機、高速鉄道技術、レーダー技術、潜水艦製造技術などの分野で世界をリードしており、「ほとんどの分野で中国を除くアジア諸国をしのいでいる」と伝えた。

しかし記事は、日本が経済や軍事、技術面で強国になっても、旧ソ連や米国のような「超大国」にはなれないと指摘。その理由の1つとして3万人以上もの在日米軍が駐留しているからだとしている。しかし記事は、「米国による束縛がなかったとしても超大国にはなれない」と分析。記事によると、日本は「すぐに歴史を忘れ、周辺諸国と衝突する」傾向があり、頭に血が上ると思いもよらないことをしでかす国なのだという。そのため、米国が日本を抑えているのは「世界のため」になっていると主張した。日本は国力としては「超大国」になることは可能だが、歯止めが利かなくなると言いたいようだ。

記事は結論として、「中国はこの強敵と戦うために、世界をリードして50年戦わなければならない」と締めくくった。どこからこの50年が出てきたのかは不明だが、中国にとっては「米国が日本を制約している」ことはありがたいことのようだ。自身への制約には強く反発するものの、日本に対する制約は歓迎するというのは中国らしいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)

歴史を忘れて周辺諸国と衝突・・・。

すごい妄言ですね笑

アメリカが日本を抑えているって…

中国には、そう映るのでしょうが

今日本は、憲法改正の話が盛り上がっています。

最近は新型コロナの話ばかりですが

そろそろ、日本は自衛隊を「軍」として

自衛すべきですね。

中国に日本が呑み込まれないようにしなければなりません。

尖閣諸島しかり、北海道の土地買収問題しかり。

竹島も奪還しなければいけません。

日本が日本であるために

必要なことは全部やりましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする