台湾の世論誘導を狙う中国・・・

フォーカス台湾

中国、台湾からドメイン購入 ネット世論操作狙いか

(台北中央社)ネット世論の誘導・扇動を図る中国の「網軍」が、台湾人が持っていたドメインを購入し、デマの投稿・拡散に利用していることが分かった。法務部(法務省)調査局が6日発表した。

同局は、新型コロナウイルスのデマの発信源などを追う調査で、中国の「網軍」が昨年6月から同7月にかけて台湾人所有のドメインを13個購入したことを突き止めた。

これらドメインを使ったウェブサイトには、中国当局の報道発表資料や政策情報、台湾の世論を誘導するためのフェイクニュースなどが多く掲載され、SNS(交流サイト)などを通じて広まっている。

こうした手法について、同局は「高度に組織化された、戦略的な悪意のある行為」だと指摘。中国の共産党や政府、軍関係の組織が裏で主導している可能性があるとみて警戒を強めている。

(蕭博文/編集:羅友辰)

中国共産党のやり方は

姑息で汚いですからね。

日本にも、このような輩が

多く潜り込んでいる可能性があります。

尖閣諸島にしろ北海道にしろ

報道しないところで色々と動きがあるので

日本国民はもっと賢くならないといけません。

「網軍」について

 網軍(もうぐん)とは中国のインターネット(電網)上の憤青や五毛党を指す用語で、中華圏でよく使用される。

主な活動
反中的主張を持つ他の国の政府・機関サイトへのハッカー攻撃をしかける。
親中的な内容を電網掲示板に書き込むことで、電網世論の誘導・扇動をはかっている。
網軍との直接的関係は不明だが、中国の電網使用者の中には東日本大震災発生時において、中国国内の電網掲示板に、日本への侵攻の好機であるなどといった書き込みをするなど政治的に過激であり、良心的な同国国民からの顰蹙を買うこともある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする