日本との比較が大好きな韓国 けど、それに何かの意味はあるの?

中央日報

ソウルが4年間世界で技術革新を主導する拠点都市8位という調査結果が発表された。

グローバル会計・コンサルティング企業のKPMGが12カ国の技術・産業系リーダー810人を対象に調査を実施して9日発表した「2020グローバル技術産業革新調査」の結果によると、米国シリコンバレーを除いてソウルが今後4年間技術革新をリードするグローバル10大都市の中で8位に選ばれた。

KPMGのチョ・ジェバク・デジタル本部長は「ソウルは先端情報技術(IT)のインフラに基づいてデータ3法成立のような規制緩和、フィンテックの活性化に向けた政策などに力づけられ、起業クラスターの構築、技術投資などが集中している」と説明した。

1位は昨年7位だったシンガポールで、先端ITインフラと政府の全面的な支援、知識財産権(IP)保護法、多様な人材プールなどが優秀な評価を得た。

シンガポールに続き、ロンドン(2位)、テルアビブ(3位)、東京(4位)、ニューヨーク(5位)、上海(6位)、北京(7位)などの順だった。

で?

って記事ですね。

韓国紙の見るようになってから

韓国や中国の記事には

日本との比較する記事が

結構あることに気づきました。

でも、その比較って

特に意味はないと思います。

中国は中国だし

韓国は韓国。

この記事では

東京が4位で

ソウルが8位なので

記事も短く終わってますけど

これが、反対の順位であれば

「日本より上だ!!」と

大喜びするに違いない。

そうなれば、この倍の記事量になりますね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする