大阪地裁 籠池夫妻に判決が出た!!

NHKニュース

森友学園 籠池前理事長に実刑判決 大阪地裁

森友学園の籠池前理事長と妻が国などの補助金をだまし取った罪に問われた裁判で、大阪地方裁判所は、前理事長に懲役5年の実刑判決を言い渡しました。一方、妻については一部を無罪としたうえで、執行猶予のついた懲役3年の判決を言い渡しました。

森友学園の前理事長、籠池泰典被告(67)と妻の諄子被告(63)は、小学校の建設工事や幼稚園の運営をめぐり国や大阪府、大阪市の補助金1億7000万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われました。

裁判で前理事長は、一部の不正を認めたほかは無罪を主張し「安倍官邸の意向にそんたくし、国民の目をそらすための国策捜査だ」などと検察を批判していました。

また妻は全面的に無罪を主張していました。

これに対し検察は2人に懲役7年を求刑していました。

19日は大阪地方裁判所で午前11時すぎから判決の言い渡しが始まり、野口卓志裁判長は籠池前理事長について起訴された内容のすべてを有罪と判断し、懲役5年の実刑を言い渡しました。

一方、諄子被告については府と市の補助金詐欺を無罪としたうえで、国の補助金詐欺は有罪とし、懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。

法廷では判決の前に諄子被告が泣きながら弁護士に話しかける様子も見られましたが、主文が言い渡された際は、2人は並んで証言台の前に座り、静かに裁判長の説明を聞いていました。

控訴するのでしょうか?

籠池夫妻には、かなり迷惑しましたので

安倍総理も国民も。

国会の空転もありましたし

相当な税金の無駄があったと思いますよ。

大阪市の補助金以上に

無意味にお金が流れたのではないでしょうか?

森友学園問題

森友学園問題(もりともがくえんもんだい)では、学校法人森友学園の運営する塚本幼稚園幼児教育学園の教育、大阪府豊中市に設立予定だった瑞穂の國記念小學院の設置認可と国有財産払い下げについての議論および関係者の動静を扱う。連日の国会審議で疲弊した財務省職員が審議を簡略化するために書類を改竄したことが指摘され、決裁文書を改ざんした虚偽公文書作成や国有地を不当に安く売却したとする背任など6容疑で市民団体らが佐川宣寿および財務省職員ら計38人を告発したが全員が不起訴処分となった。

ほぼ同時期に問題になった加計学園問題と併せて、「モリカケ問題」と俗称される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自殺された方もいらっしゃいます。

この夫婦はそのすべてを

安倍総理に擦り付けるという

許しがたいことをしましたので

猛省だけではね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする