韓国人教授の執念?怨念? 「東京オリパラで旭日旗を禁止」

聯合ニュース

IOC会長に「東京五輪で旭日旗使用禁止を」 韓国人教授が書簡

【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に宛てて、今夏の東京五輪で旭日旗を使った応援を公式に禁止するよう要請する手紙を送ったと明らかにした。

韓国や中国など、過去に日本による侵略の被害を受けた側は旭日旗の使用に強く反対しているが、IOCは問題が発生すれば事案ごとに判断するという消極的な態度を示している。バッハ氏も先ごろ、東京五輪で選手の政治的な行為を全面的に禁じると述べたが、旭日旗については言及しなかった。

一方、東京五輪の大会組織委員会は、大会中に旭日旗を会場に持ち込むことに問題はないとの姿勢だ。

徐氏は「旭日旗は(ナチス)ドイツのハーケンクロイツ(かぎ十字)と同じく『戦犯旗』であり、五輪でこの旗を振ることは第2次世界大戦時に戦犯国から被害を受けたアジアの人たちの心を再び痛ませることになる」と強調した。

嫌がらせのように

会場に旭日旗を持って行くのは

ちょっと違うと思いますけど

そうでなければ問題ないと思います。

このブログでは何度も主張していること

韓国側が旭日旗を問題にするのが遅すぎ。

終戦直後、大韓民国が誕生したころから

「旭日旗はダメ」と訴えていたのなら

まだ少しはわかるのですがね。

過去記事:えっ!? そんなところでも旭日旗批判?? 韓国団体の抗議に謝罪するイギリスの大学

旭日旗問題の発端

それは2011年1月25日

AFCアジアカップでの準決勝(日本対韓国)で起こりました。

韓国のキソンヨン選手がPKでゴールを決めた後に

猿真似のパフォーマンスをしました。

それが、韓国人が日本人を侮辱する時

猿真似をするということで

問題になりました。

そして試合の翌日に

彼は、twitterこう言い訳をしたのです。

「観客席の旭日旗を見て涙が出ました。私も選手の前に大韓民国国民です…」

残念ながらこの言い訳は

調査の結果「嘘」と判明されていますが

ここから韓国人による

怒涛の「旭日旗批判」が始まりました。

「旭日旗はダメ。旭日旗に似た放射線状のデザインもダメ。」

それまで、旭日旗様のデザインを

何とも思わずに着ていた韓国人がいるにも関わらずです。

これで、旭日旗がダメだと納得する日本人は

いないのではないでしょうか。

韓国人に対して遠慮する人はいるかもしれませんが…。

もっと納得できる根拠を提示してもらいたいですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする