皆の出身県は何位!? 2020年都道府県対抗全国女子駅伝 全順位発表!!

NHKニュース

全国女子駅伝 京都が優勝 3年ぶり17回目【全順位】

中学生から社会人までのランナーがたすきをつなぐ都道府県対抗の全国女子駅伝が行われ、京都が大会最多を更新する3年ぶり17回目の優勝を果たしました。2位は、宮城。3位は東京でした。

大会はことしで38回目を迎え、京都市のたけびしスタジアム京都をスタートとフィニッシュに、マラソンと同じ距離を中学生から社会人までの9人のランナーがたすきをつなぎました。

1区では、5000メートルで東京オリンピックの参加標準記録を突破している長崎の廣中璃梨佳選手が2位に30秒以上の差をつけて、17年ぶりとなる区間新記録をマークしました。

長崎は、その後もリードを守りましたが、4区の終盤で長野が首位に立ち、続く5区では宮城の高校3年生、木村梨七選手が区間記録に迫る好走で3位から一気にトップに立ちました。

しかし、序盤大きく出遅れていた京都が5区から7区までの高校生ランナー3人の区間トップの好走で追い上げ、中学生区間の8区で瀬川藍選手が宮城を抜いてトップに立ちました。

最終の9区は、京都のアンカーでワコールの一山麻緒選手が安定した走りでリードを守り切り、京都が2時間16分15秒で大会最多を更新する3年ぶり17回目の優勝を果たしました。

2位は2時間16分25秒で宮城、3位は2時間16分36秒で東京でした。

総合結果 9区間 42.195キロ
1位 京都 2時間16分15秒
2位 宮城 2時間16分25秒
3位 東京 2時間16分36秒
4位 長野 2時間16分37秒
5位 鹿児島 2時間17分04秒
6位 兵庫 2時間17分42秒
7位 群馬 2時間17分56秒
8位 大阪 2時間17分56秒
9位 岡山 2時間18分08秒
10位 長崎 2時間18分08秒
11位 千葉 2時間18分18秒
12位 福岡 2時間18分30秒
13位 神奈川 2時間19分22秒
14位 熊本 2時間19分35秒
15位 埼玉 2時間20分13秒
16位 静岡 2時間20分37秒
17位 大分 2時間20分38秒
18位 広島 2時間21分15秒
19位 山口 2時間21分23秒
20位 愛知 2時間21分32秒
21位 宮崎 2時間21分50秒
22位 福島 2時間21分52秒
23位 滋賀 2時間21分54秒
24位 石川 2時間21分59秒
25位 愛媛 2時間22分07秒
26位 岐阜 2時間22分31秒
27位 徳島 2時間22分56秒
28位 和歌山 2時間23分02秒
29位 三重 2時間23分03秒
30位 秋田 2時間23分10秒
31位 佐賀 2時間23分32秒
32位 茨城 2時間23分34秒
33位 山梨 2時間23分44秒
34位 北海道 2時間23分53秒
35位 鳥取 2時間24分17秒
36位 新潟 2時間24分38秒
37位 栃木 2時間25分30秒
38位 富山 2時間25分35秒
39位 奈良 2時間25分40秒
40位 山形 2時間26分41秒
41位 高知 2時間26分44秒
42位 岩手 2時間26分56秒
43位 福井 2時間27分11秒
44位 香川 2時間28分30秒
45位 島根 2時間28分48秒
46位 青森 2時間29分38秒
47位 沖縄 2時間32分44秒
(参考:大会記録 2時間14分55秒 2013年 神奈川)

続きはこちら

38回開催して

京都は17回目の優勝って…

約半分は京都が優勝してるじゃないですか!!!!

調べてみると

京都はなんと2回も5連覇したことがあります

歴代優勝回数

1位 京都 17回

2位 兵庫 4回

3位 大阪・千葉 3回

5位 愛知・神奈川 2回

7位 岡山・鹿児島・熊本・埼玉・長崎・福岡・宮城 1回

歴代ワースト回数

1位 沖縄 11回

2位 青森 6回

3位 高知・島根・富山 4回

6位 福井 3回

7位 山梨 2回

8位 香川・徳島・福島・和歌山 1回

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする