韓国 今度は「東京オリンピック」を「放射能五輪」と・・・ 在韓日本大使館HPでは「空間線量率」を公開して安全をアピールしているが

NEWSポストセブン

韓国で「放射能五輪」キャンペーン 2020年の日韓関係は

 徴用工裁判の判決に基づく日本企業の資産差し押さえ、韓国を戦略物資のホワイト国から除外する措置、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄をめぐる騒動……2019年、揺れに揺れた日韓関係は、今年、どうなるのか。

昨年12月24日に1年3か月ぶりに中国・成都で開かれた日韓首脳会談がターニングポイントになるのではと見られていたが、安倍晋三首相と文在寅大統領はお互いの立場を確認するに留まり、関係改善のための具体案は何も出なかった。

元朝日新聞ソウル特派員で、韓国問題ジャーナリストの前川惠司氏は、今夏の東京五輪が日韓関係をさらに悪化させる引き金になると予測する。

「韓国では、福島の競技場が放射能汚染されていて、“放射能五輪”になるという言説が韓国メディアを通じて広まっています。左派系の市民団体も、『放射能五輪に選手を送るな』とデモをしている。世界が注目する国際大会で日本を貶めようとする動きが、今後エスカレートしていくと考えられます」(前川氏)

韓国では昨年8月30日に仁川で市民団体による放射能五輪反対デモが起きたほか、各地で同様のデモが起きている。11月には東京五輪競技場への旭日旗の持ち込みと放射能汚染が懸念される食材の使用に反対する市民団体「東京五輪戦犯旗・放射能阻止ネットワーク」が新たに発足した。日本の大会組織委や国際オリンピック委員会(IOC)に対し抗議活動を行うとしている。

メディアも煽り立てている。韓国紙『中央日報』は〈韓国政府「原発汚染水対策を要請」 安倍首相の最も痛いところを突く〉と題した記事で、韓国外交部が福島の放射能問題を〈強力な対日カード〉と位置づけていると報じた(同紙日本語版2019年8月14日付)。韓国MBCも、同日、「『7ヵ月後』には、済州に達する……私たちの海の汚染、あっという間に」と、福島の“汚染水”が海に広がって済州島に達するとしたCGムービーを流した。

もちろん科学的には根拠のないことばかりだが、問題は、市民団体やメディアだけでなく、韓国政府や与党が主導して放射能の危険性を煽り、対日カードとして利用しようとしていることだ。

昨年9月に開かれた国際原子力機関(IAEA)の年次総会で、韓国の代表は福島第1原発の処理水を海洋放出することに対し、「世界全体の海洋環境に影響を及ぼしうる重大な国際問題となる」と訴えた。さらに、韓国与党の共に民主党も、昨年9月に「日本の放射能汚染地図」なるものを作成。五輪の競技場や聖火スタート地点などの放射線量の数値を公開したが、日本の市民団体の測定データをもとにしたと言いながら、実際とは異なる数値を並べていた。

そうした韓国側のネガティブキャンペーンに、日本側も黙っているわけではない。

先の日韓首脳会談でも安倍首相はこの問題に触れ、東京五輪に向けて両国政府が交流していくのが重要としながら、文大統領に対し、「福島第1原発から排出されている水に含まれる放射性物質の量は韓国の原発の排水の100分の1以下だ」と指摘したという(産経新聞12月28日付)。

また日本の外務省は、韓国の国民の誤解を解くため、在韓国日本大使館ホームページに「日本と韓国の空間線量率」を掲載。「福島市」「いわき市」「東京」「ソウル」の放射線量データを毎日更新し公開している。それによると、福島市とソウルの環境中の放射線量は概ね同程度だ。

「日本側が示しているデータを一切無視し、“放射能五輪”のレッテルを貼る韓国側の行為は、もはや嫌がらせのレベル。当たり前のことですが、こうした行為で韓国に対する日本の国民感情が良くなるわけがありません」(前川氏)

五輪期間中にもこうした“嫌がらせ”が続くようなら、日本の一部にある嫌韓感情がさらに高まるのは避けられない。ゆえに前川氏は、2020年は転換点になると見る。

「韓国とはわかり合えない、韓国は距離を置いた方がいい国だと気づく人が増えるでしょう。私も韓国とは、しばらく冷却期間を設けて離れているほうがいいと思います。

近世以降、日韓関係が平穏だったのは江戸時代くらいで、両者とも鎖国をしていて朝鮮通信使のほかはほとんど交流がなかった時代です。白村江の戦いの時代からずっと、深く関わったときは必ず軋轢を生んでいる。だから、近くて遠い国として、新しい“冷えた関係”を構築すべきと考えます」(前川氏)

●取材・文/清水典之(フリーライター)

韓国側の提示しているデータは

改ざんされているものが多く

信ぴょう性に欠けています

しかし、日本の提示しているデータは

事実に基づいています。

それを信用するかどうかは

個々人に委ねられますが…

在大韓民国日本国大使館

日本と韓国の空間線量率 【過去の掲載データ/2019年12月】


(データの出典)
・ 福島市(県北保健福祉事務所)・いわき市(いわき合同庁舎):
福島県環境放射能監視テレメータシステム(福島県危機管理部放射線監視室測定)
https://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/public/map/MapMs.html

・東京(新宿):
原子力規制庁放射線モニタリング情報(東京都健康安全研究センター測定)
https://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/area.html

・ソウル:
韓国原子力安全技術院IERNet
https://iernet.kins.re.kr/second_index.asp?sido=1&ke_flag=E

※ 上記の各ウェブサイトより,他の地点のデータも閲覧可能です。

これを見ると、福島とソウルがかなり近い数字になっています。

日本では、年間1ミリシーベルト以下という目標になっています

※年間1ミリシーベルトという数値は「これ以上被ばくすると健康に影響が生じる」という限度を示すものではない

1mシーベルト=1000μシーベルトになるので

計算上毎時0.23μシーベルト以下であれば

目標値以下になります。

つまり「福島は問題ない」ということになります。

ちなみに、「計画的避難区域」や「居住制限区域」に指定される目安は

毎時3.8μシーベルト(年間20mシーベルト)となっています。

韓国との関係に光は見えない

韓国が、杜撰なデータで

自国の反日を煽り

日本に対して

根拠のない批判を繰り返しています。

日本側のデータを

韓国は国民に向けて

ちゃんと公開しているのでしょうか?

まぁ公開したところで、いちゃもんを付けてきそうですが…

やはり、記事にもあるように

「韓国とはわかり合えない、韓国は距離を置いた方がいい国だと気づく人が増える」

「深く関わったときは必ず軋轢を生んでいる」

これが日韓関係の本質かもしれません。

お互いに関わってはいけないんですよね。

手を携えるなどという幻想は

あきらめるべきかもしれません。

但し、竹島の不法占拠をやめさせてから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする