韓国の日本製品不買運動の煽りで日本車の販売不振 代わりに台頭したのは、〇〇車!!

Record China

韓国の日本製品ボイコットは「狂気」、日本車は4万台も売れず―中国メディア

中国メディアの海外網は6日、「韓国の日本製品ボイコットは狂気、日本車は年間4万台も売れず」と題する記事を掲載、韓国での日本車の売り上げ不振を伝えた。

韓国輸入自動車協会が同日に発表したデータによると、2019年の輸入車新規登録台数は前年比6.1%減の24万4780台。そのうち日本車は3万6661台で、前年(4万5253台)と比べて19.0%減少した。昨年7月から続く日本製品ボイコット運動が影響したと見られている。

ブランド別では、日産が39.7%減、トヨタが36.7%減、レクサスが8.2%減、インフィニティが6.1%減。唯一ホンダが10.1%増加した。ただ、12月はホンダが前年同月比で130.7%増、トヨタが同69.6%増、レクサスが同61.8%増、日産が12.9%増と多くのブランドが売り上げを伸ばした。

記事は、2019年は日本車が落ち込む一方で「ドイツ車のパフォーマンスが喜ばしいものだった」と報道。新規登録台数の1位がベンツ(7万8133台)、2位がBMW(4万4191台)だったことを伝えた。(翻訳・編集/北田)

日本車の代わりがドイツ車って

ありがちですね

ちなみに、韓国車は

前年よりも販売台数が減少しています。

日本車は世界でざっと2000万台くらい販売していますので

それほど影響はないように思えます。

日韓関係で何かあれば

すぐに売り上げに影響するのであれば

販売戦略も何もないですね…

韓国市場からの撤退も視野に入れるべきかもしれません…

そういえば、韓国自動車メーカーの

現代(ヒュンダイ)が、日本に再上陸するとか

20年ほど前に一度日本に進出しましたが

販売不振により撤退しました。

今回は、勝算があるのでしょうか??

個人的に韓国メーカーの商品は買う気になれませんが…

果たして

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする