日本の「無印良品」 中国の「無印良品」に商標問題で敗訴

読売新聞

「無印良品」本家、商標訴訟で敗訴…北京の企業はそっくりの店舗展開

 【北京=田川理恵】生活雑貨専門店「無印良品」を展開する良品計画に対し、中国企業が商標の使用差し止めなどを求めていた裁判で、北京の高級人民法院(高裁)は原告側の訴えを認め、良品計画に損害賠償など約63万元(約970万円)の支払いを命じた。中国紙「北京青年報」が12日報じた。

 良品計画によると、無印良品が2005年に中国へ進出した際、タオルやベッドカバーなどの品目については、すでに中国企業によって「無印良品」の商標登録がされていた。

 このため、対象商品は「MUJI」の商標で販売してきたが、14~15年に一部の商品が誤って「無印良品」の商標で販売されたという。

 これに対し、商標権を持つ企業が「権利を侵害された」として提訴し、17年には知的財産法院(裁判所)の1審判決で原告の訴えが認められ、良品計画が控訴していた。

 中国の裁判は2審制のため、良品計画の敗訴が確定した。良品計画の広報担当者は、読売新聞の取材に「商標を取り戻すべく、今後も全力を尽くしていく」とコメントした。

 香港メディアによると、商標権を持つ北京の企業は「北京無印良品」という子会社を設立し、「無印良品」とそっくりの店舗を中国国内で展開している。

パクる天才中国

ってクオリティまでは

同じものは出来ないでしょうけど

日本の「無印良品」は

完全に差別化させないといけないと思いますね

中国ではもう手遅れです。

中国人はむしろ

中国が本家だと思っている

可能性もありますからね

すべての店舗に

違うことや会社の歴史を紹介して

知らせるしかないのでは??

中国4000年の歴史も

もはや他国をパクる歴史に落ちましたね。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする