日本固有の生物を脅かすハチが、本州で見つかる!! 緊急対策外来種「ツマアカスズメバチ」

ツマアカスズメバチとは

ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチ(Vespa velutina)は、ハチ目スズメバチ科スズメバチ属に分類される昆虫。

主に中国とその周辺諸国に分布していましたが、現在では、ヨーロッパや対馬にも生息しています。

成虫の体長は、女王バチが30mm、働きバチが20mm。体色は全体的に黒色で、腹部の先端は赤褐色。

ハエやミツバチ、トンボなどを捕食する。最初は茂みや低木の中、地中に営巣し、コロニーが大きくなると樹木の上部に巣を移す。大きい巣になると1mを超えるものもある。マンションなどの壁に営巣することもある。

台湾、マレーシア、インドネシアでは刺傷によって死者が発生している。

2015年1月9日、環境省は外来生物法にもとづく特定外来生物に指定した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

以前、TVで紹介されていたのですが

日本にいるスズメバチよりも

長距離を飛ぶことができるそうです。

働きバチは、越冬できませんが

女王バチは気候的に、東京都心で十分越冬できるでしょう。

天敵らしい天敵はいません。

もし争うとなると、同種のスズメバチでしょうか・・・。

皆の反応

これに限らず、水際で防ぐことに力入れてほしい
中韓とか、衛生管理悪そうだし、悪意で持ち込んでる可能性すらあるので、規制をもっと強化していただきたい
ツマアカスズメバチは自力で飛んで来たのか、貨物と一緒に運ばれて来て繁殖したのか判断できるの?当然貨物と一緒に運ばれて来たヒアリと同じパターンだよね。

在来のスズメバチを「住宅地以外で過剰に駆除」すると、外来種の勢力拡大になる恐れはあるのでしょうか?

もしそうなら、生活圏より外にいる在来種は過剰に怖がらないように啓発をお願いします。

オオスズメバチよりヤバいやつなのかな?( ̄◇ ̄;)
へぇ〜 山口県 蜂 そろそろ、蜂の一刺しか?
侵入経路は、やはり韓国→対馬→福岡という経路か⁉️
高い木に巣を作る・・・厄介ですね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする