韓国紙も報道!! 川崎市「ヘイトスピーチ禁止条例」

中央日報

川崎市、嫌韓デモの罰金条例案を提出…最大50万円

川崎市が「ヘイトスピーチ」に罰金を課する条例制定案を提出した。

神奈川県川崎市はヘイトスピーチを刑事処罰する条例案を25日市議会に提出したと日本のメディアが報じた。

報道によると、条例案は道路や公園で特定の国や地域の出身者らに対する不当な差別的言動を禁止すると規定し、違反が繰り返される場合、50万円以下の罰金対象になる。

違反者には勧告し、繰り返した場合は命令を出す。それでも従わなければ氏名、住所などを公表する内容も条例案に含まれた。勧告・命令を下し、氏名を公表する場合は学者など専門家の意見を聞く手続きを定めた。

福田紀彦市長は市議会で「全ての市民が不当な差別を受けることのない人権尊重の町づくり推進のため、丁寧に議論を深め、市民の総意による条例制定に取り組む」と話した。

なぜそれに、日本人に対するヘイトスピーチの禁止を盛り込まないのでしょうか。

在日外国人が、日本人に対して言うのは条例で禁止しないのは

公平性を欠く内容だと思います。

差別行為を行なう団体・個人には全く賛同しませんが

この条例は、どうなの??と思います。

日本は日本人の国

つまり、日本国籍を持つ人のための国です。

まずは日本人が暮らしやすい国を目指すのが道理では??

だからといって、外国人を排除しろとか

そういうことは一切ありませんが・・・。

皆の反応

この記事書いた記者さん、お脳は大丈夫ですか?嫌韓=ヘイトと捉えているようだが、それは正しくない。韓国を好むか嫌うかは個人の自由だ。それを表明することは憲法上国民の権利である。ただ、ヘイトというのは憲法上の表現の自由を逸脱した言動を言う。ヘイト制限法令で嫌韓という個人の信条に関するものを制限することはできない。それを理解せよ。
そもそも自民党がしっかりと日本人最優先の政治を行ない特別永住者などというもの作って在日に特権与えたりしなければ日本国民が怒ったり嫌韓デモをする必要もなかったんだけどね。しかも日本人抜きのヘイトスピーチって、もう何が何だか。安倍政権はアホみたいに移民をバンバン入れているから、今後、移民と日本人との軋轢が生じもっと状況は酷くなる。
日本書紀にあるように4世紀初め神巧皇后が新羅征伐をして以来、朝鮮を下に見る風潮が日本で始まった。1930年代に済州島人口の1/4に相当する朝鮮民が日本の大阪を中心に移民する。その時に日本人は不潔、無知、嫉妬深い、粗暴、怠惰と言う朝鮮民をまじかに見て、神話が実像として形成された。4世紀以来、日本人は嫌韓なんですよ。
韓国では嫌日デモや嫌日発言をしても差別の罪に問われない。やはり日本は人権意識が高い先進国で、韓国は人権意識が低い野蛮国だと言う証明になりますね。
よかっただろ、中央日報が日本の新聞社なら罰金ものだぞ。
日本には200カ国近くの国・地域の方々がお住まいだが、なぜ韓国系の人間だけ嫌われるのか、全く理解できていないな 在日の尊大さと権利主張、韓国政府の数え切れない挑発が根底にあると思うけどね 2010年の尖閣諸島での日中両国の衝突の時でさえ、反中デモは起きなかったし、中華街は襲われなかったぞ
国会答弁で>国の通称【ヘイトスピーチ対策法】について。国会で「日本人に対するヘイトはこの法律の対象か?」と言う質問で、「日本人に対するヘイトスピーチも対象」と言う答弁あり。
よって、川崎市の条例は、この答弁に則る必要があり、日本人に対しても罰金の対象となる。
公共でヘイトスピーチをする者は日本人ではなく日本人のふりをする民族位でしょう。
早く通名も無くして欲しいね。
在日特権など今後は不要。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする