反日が怖い韓国の旅行会社 反日が怖いその他の韓国人

産経ニュース

【ソウルからヨボセヨ】消費者いじめの不買運動

 先月の日本への韓国人旅行客が前年比で50%以上も減ったと、韓国のマスコミが大喜びしている。不買運動など日本に対する報復作戦の成果というわけだ。

しかし、日本の観光庁の発表によると訪日外国人の全体数は増えていて、韓国人に代わる形でラグビー・ワールドカップ(W杯)に関連する非アジア系の訪問客が多かったからだという。日本全体として困ったわけではないのだが、韓国としてはいつものジコチュウで「日本をやっつけた!」と気分がいいらしい。

韓国人の日本訪問は昨年が約760万人。人口5000万ほどの国でこの数字はすごい。2015年の約400万人からの急増ぶりはいささかバブル的ではあった。今はある種の調整期と考えればいいのではないか。

韓国の旅行業者によると日本人気はいずれ復活するという。理由は「日本旅行は“カソンビ”がいいから」とか。費用対効果を意味する「価性比」のことで、日本旅行は他のどこの国よりも費用に比べ客の満足度が高いのだという。

ただ、いまのところほとんどの旅行社がネットなどの“反日脅迫”を恐れて日本旅行商品のPRを控えている。日本旅行情報の流通がストップしているのだ。団体旅行が減っている原因でもあるが、そんな無理な消費者いじめは長続きしないだろう。(黒田勝弘)

最近異常に韓国人旅行客が増えてたってことですね。

減ったのは通常に戻ったということなのでしょうか。

減った分をそれ以上で補えている現状では

韓国で喜んでいるのは

まやかしに過ぎないってことです。

過去記事:脱韓国人に燃える観光業界!! 「まずは日本のお客様に来てもらいたい」

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする