「表現の不自由展」は、「表現の不自由」を作って閉幕。

産経ニュース

表現の不自由展が終了 一時中止、補助金問題も 抗議相次ぐ、芸術祭閉幕

 企画展「表現の不自由展・その後」を開催していた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は14日、75日間の会期を終えて閉幕した。不自由展は元慰安婦を象徴する「平和の少女像」などの展示に抗議が相次ぎ、一時中止に追い込まれた。また、文化庁は「県の申請手続きの不備」を理由に芸術祭への補助金不交付を決めた。

今月8日の再開に当たり入場者を抽選で選ぶガイド付きツアー方式を導入し、14日までに延べ1万3297人が抽選に集まった。

不自由展は16作家の23作品で構成。少女像に加え、昭和天皇の肖像を燃やす場面を含む映像作品などに電話やメールによる抗議が殺到し、8月1日の開幕から3日で中止になった。

約2カ月後の再開時には入場を制限したほか入場者に金属探知機による検査や身分証の提示を求めた。今月9日、芸術祭会期中に会員制交流サイト(SNS)に投稿しないとの同意書に署名するとの条件で、写真や動画の撮影を解禁した。

表現の不自由展についての

表現を規制する。

正に不自由展が生んだ表現の不自由

実はそれすらも

この表現の不自由展そのものを現しているのか!?

愛知県知事は・・・

大村知事のTwitterに

こんなやり取りを発見。

この一般の方からの懸念への回答が…

他の方もこんなことを言っていました。

これに対する大村知事の返答は・・・

って、答えになってない!!

結局、答えられなくなると

これで逃げてますよね。

凄い知事だなぁ!!

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする