道外民から「ヒグマ駆除反対」の声多く 反対派「クマを駆除して何の改善に繋がるのか?」

朝日新聞デジタル

ヒグマ駆除に反対の声次々 「やむを得なかった」理由は

 札幌市で8月、市街地への出没を繰り返したヒグマを市が駆除したことに、多くの反響が寄せられた。うち6割が駆除反対の声で、北海道外からは駆除反対が多かった。駆除は避けられなかったのか?

「殺さないで」「麻酔銃で眠らせて山へ戻せばよかった」「せめて動物園かクマ牧場に送って」。市には電話やメールで600件を超える反響が届いた。記録を集計したうち6割が駆除反対の声で、特に道外からは反対が目立った。

市街地にクマが出ると、市は「ヒグマ基本計画」に基づき4段階の有害度に応じた対応を取る。今回は畑のコーンが食べられ、追い払っても出没を繰り返し、徐々に人や車を警戒しなくなった。このため市は、有害度を上から2番目で駆除が必要な「経済被害をもたらし被害拡大が懸念される状態」と判断。「人に危害を与えかねず、やむを得なかった」と金綱(かねつな)良至(よしのり)・環境共生担当課長は話す。

専門家の見解も同じだ。ヒグマの生態に詳しい北大大学院の坪田敏男教授は「あそこまで行動がエスカレートすると、他に選択肢はない。事故が起きる前に駆除できて良かったと思ったほうがいい」と言う。

麻酔銃で眠らせ、どこかに連れて行くことはできなかったのか。「クマは麻酔銃が当たると走り出し、5~10分は興奮状態が続く。周りに人がいる住宅地ではできない」と坪田教授。では住宅地を離れてからでは?

「山に返せる状態なら可能だが…

以下、有料記事

普段クマを動物園などでしか見たことのない

安全な場所にいる人たちは

特に「かわいそう」などと

反対しているのではないでしょうか

ヒグマの怖さは、ちょっと調べればわかります。

市街地にまで来て

人間に慣れてしまえば

選択肢は、駆除しかないと思います。

また、近年問題になっている。

観光客の餌やりもこういったことの原因になると思います。

反対する人は、実際にヒグマが近くまで来るような場所に

住んでみてはいかがでしょうか。

おそらく生きた心地がしなくなってきて

駆除してほしいと思うようになるのではないでしょうか。

ヒグマについて

Brown bear (Ursus arctos arctos) smiling.jpg

ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。

まれに人を食することもあり、1度でも人を食べたヒグマは求めて人間を襲う傾向があり、きわめて危険である。また自分が捕獲した獲物に対して強い執着心を示すため、ヒグマに奪われた物を取り返す行為は危険である。地上を走行するときには時速約50km、一説には65kmに達するとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

皆の反応

反対派の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする