韓国「日韓関係改善は安倍総理にかかっている!」 日韓請求権協定で日本が出した金額を現在の価値で計算してみた

聯合ニュース

韓日関係改善「安倍政権の路線転換が不可欠」 韓国各界の長老ら声明

【ソウル聯合ニュース】韓国の政界や宗教界、学界などの長老らでつくる3市民団体が10日、ソウル市内で記者会見を開き、「安倍政権は(韓日国交正常化以降の)『1965年体制』に対する一方的な解釈が歴史の流れから目をそらし、むしろ東アジアの平和を脅かしているのではないかという省察をしなければならない」として、両国関係の改善や東アジアの平和のためには安倍政権の路線転換が欠かせないと主張する声明を発表した。

 声明には105人が名を連ねた。

 1965年体制は、韓日基本条約と請求権協定を結んで国交を正常化したものの、両国の解釈の違いにより不安定に続いてきた両国関係をいう。韓国政府は協定に日本の「反人道的な違法行為」に対する賠償は含まれていないと判断しているが、日本は当時提供した5億ドル(現在のレートで約540億円)の経済協力資金で賠償問題は解決済みとの立場を堅持している。

 声明は、「韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決は正当だ」として、「安倍政権が(判決への対抗措置として)輸出規制措置を発動したことが朝鮮半島の平和を深刻に脅かしている」と批判。「日本は韓国と共に北朝鮮の非核化をけん引し、ひいては東アジアを非核兵器地帯にしていく過程で韓国の誠実なパートナーになることを期待する」とした。

 元首相で3団体の一つである「東アジア平和会議」の座長を務める李洪九(イ・ホング)氏は「日本は東アジアの平和の新しい歴史をつくっていくため先頭に立ってほしい」と訴えた。

ええ~条約や協定の内容を曲解ですか!?

日韓請求権並びに経済協力協定にちゃんと記されていますよ

条文を読むと

「両国の国民の財産、権利及び利益(1945年8月15日以前)について、いかなる主張もすることができないものとする。」

という解釈ができますよ。

「いかなる主張」というのは、相手の国に対して

どんな主張もできないということです。

そこで言いたいのは「相手の国に対して」という部分

つまり、自分の国に対しては主張可能ということ。

ですので、韓国側の主張している

徴用工についての個人請求は

韓国政府に主張することができるっていことです。

日本が出した現物供与及び融資については

総額で11億ドル以上。

当時の日本円で3960億円になります。

当時の韓国の国家予算は3.5億ドルなので

約3倍出してますね!

現在の消費者物価指数と当時のを比べると

約4倍違いますので

それに当てはめると・・・

なんと1兆5840億円です!

1965年度の一般会計予算は

3兆6580億8000万円ですので

約半分になります!!

すごい額ですね

ただ、その時韓国政府は

個別にも支給すると言っていました。

が、結局経済発展にのみ使い果たしてします。

結論、日本側はこれ以上支払う必要は全くない

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする