韓国軍の開発した銃が、トンデモナイ命中率を叩き出していた!!!!

Record China

命中率は6%?「名品」と言われた韓国の兵器開発事業が中止へ

2019年10月1日、韓国・KBSは、韓国軍が進めていたK-11複合小銃開発事業について「6%というとんでもない命中率から事業中止の通告を受けた」と報じた。

報道によると、K-11複合小銃は「韓国の技術で開発された名品兵器」と宣伝されてきた。開発のため19年間で投入された予算は1100億ウォン(約98億円)以上に及ぶという。

しかし、5月の射撃テストでは50発中有効だったのはたった3発で、命中率はわずか6%だった。実は量産から1年後の2011年にも命中率は8.8%だったが、韓国国防部は合格判定を出していたという。

2014年には大統領府と検察もその性能を問題視していたが、国防部と合同参謀本部は事業をそのまま進めた。その結果、亀裂5回、爆発2回、原因不明の誤作動2回など事故が相次いだというが、K-11開発に携わった12人が勲章や表彰を受けたという。

こうした事態を受け、監査院は先月に「事業撤退」を通告した。防衛事業庁は今月中に最終結論を出す予定という。

これを受け、韓国のネット上では「私たちの税金で、BB弾より劣る開発をしてたってこと?」「K-9自走砲もそうなのに今度はK-11小銃?国産兵器で自主国防?不正にまみれた国産兵器で死んでいく韓国軍兵士のニュースはもう見たくない」など批判コメントが相次いでいる。

一方で「テストでは500メートル先の標的を狙ったんでしょ?それで6%ならすごいんじゃない?」「だってまだ開発途中でしょ?」など擁護意見もなかなか多い。

あるユーザーからは「先進国も研究開発には数多くの試行錯誤がつきもの。短期成果を期待していては、研究開発がうまくいくはずがない」との声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

98億円も税金を投じて

何の成果も得られないまま中止…

韓国の開発能力ってある意味凄い。

K-11複合小銃について

Rifle xk11.jpg

K11複合型小銃は韓国国防科学研究所(ADD)が開発した韓国版OICWであり、5.56mmアサルトライフルと20mmグレネードランチャーを上下並列に組み合わせるように設計された複合型小銃である。

2008年に1万5000丁の正式採用が決定し量産化、実戦配備に進んだものの、その後爆発事故の発生や射撃コントロール装置の亀裂など次々と欠陥、不祥事が続発しており、914丁の配備のみで中止状態にある。2018年8月に正式に戦力化中断が決定した

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ちなみに・・・

フッ化水素は大丈夫なのか!?

また事故が起きるんじゃ・・・

皆の反応

>だってまだ開発途中でしょ?
馬鹿なの?
2008年に正式採用が決まって納品されたんだろ
普通の国なら開発途中が正式採用される訳ないだろうがよ
>先進国も研究開発には数多くの試行錯誤がつきもの。短期成果を期待していては、研究開発がうまくいくはずがない
10年以上前に正式採用された兵器ならとっくに成熟して安定供給されてる時期だよな
不具合の多い兵器なら後継の開発が進められ試作機が出来ててもおかしくない時期だが?
10年も何もせずに放置して研究開発もへったくれも無いよな
1910-29

AK-74にも劣るのでは、話にならないな。

いっその事、中国から五十六式でも買ったら?

命中率6%ならば、むしろ敵に当たらないよう連射すれば敵に当たるのではないか?
って言うか、韓国人って無駄なことを続けるの好きだよね。 戦車のパワーパック開発とか、ロケットとか。 ああ、無駄とわかっていても続けることに意義があるのですね。 予算とかポケットのためとか
さすがは韓国らしい、爆笑モノの「名品」である(笑)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする