いつまでもどこまでも上から目線の韓国。

Record China

韓国、日本側が輸出規制強化撤回すればGSOMIA問題再検討を示唆―中国メディア

2019年9月28日、中国メディアの澎湃新聞は、韓国政府が8月下旬に日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定し日本側に通告した問題について、「韓国は、日本側が韓国に対する輸出規制強化を撤回すればこの問題を再検討する用意があることを示唆した」と報じた。

記事はまず、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相が27日、国会の対政府質疑に出席し、日本が韓国に対する輸出規制強化を撤回すればGSOMIAの終了決定を再検討する用意があると述べたことを伝えた。

続いて、日本の共同通信が、「韓国政府高官は28日までにソウルで海外メディアと会見し、『GSOMIAは、北朝鮮のミサイル発射探知のため韓国以上に日本が必要としている』と強調した」と伝えた上で、「日本政府の対応次第では韓国側が破棄決定を撤回することに含みを持たせた」と報じていることを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

どんな状況でも

上から目線だけは忘れない韓国

ある意味「あっぱれ」ですね笑

ただ、今までの日本とは違います。

管直人元首相であれば

すぐに言うことを聞いたかもしれませんが・・・

尖閣諸島中国漁船衝突事件

尖閣諸島中国漁船衝突事件(せんかくしょとうちゅうごくぎょせんしょうとつじけん)は、2010年9月7日午前、尖閣諸島付近で操業中であった中国漁船と、これを違法操業として取り締まりを実施した日本の海上保安庁との間で発生した一連の事件。尖閣漁船事件、中国漁船衝突事件とも呼ばれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

中国漁船衝突事件の船長釈放、仙谷元官房長官「法務次官に要望」認める(産経ニュース)

↑この中で、今の野党が大好きな「忖度」を

当時民主党がすでに行っていました。

とりあえず「忖度」なんて

どこの業界でも普通にあり得ることです。

それを批判することは

誰にもできません。

まぁ、この時のは忖度&指示ではないかと…

信じてはいけないのは

韓国を筆頭に、日本の一部野党も信じてはいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする