韓国日産撤退加速? 韓国では撤退歓迎

Record China

韓国日産の展示場が営業終了、販売不振が影響か

2019年9月17日、韓国・マネートゥデイによると、韓国日産が先月31日に展示場1カ所を閉鎖した。韓国で7月に日本製品不買運動が始まって以降、日本車展示場が正式に閉鎖されたのはこれが初めてだという。

記事によると、営業を終了したのは京畿(キョンギ)道龍仁(ヨンイン)市器興(キフン)区の展示場。日産関係者は「協議により適切な手順を踏んで契約終了となった」「もともと車両が2台ほどしか展示できない狭い場所で、終了が予定されていた」などと話している。

ただ、記事は「業界では日産の販売不振が影響したと見ている」と伝えている。日本不買運動が起きる前の今年上半期、日本車全体の販売台数が前年比約10%増を記録する中、日産は25.4%減少していた。不買運動が始まってからはさらに販売が落ち込み、先月の日産の販売台数は58台(前年比88%急減)だったという。

今月7日には外国メディアで「日産の韓国撤退説」も報じられたが、これに日産関係者は「推測に過ぎない。何も決定はしていないし、通常勤務をしている」とコメントしている。しかし、一部の日産ディーラーにはすでに強制休業や営業社員削減などの動きがあるという。

一方、韓国日産はこの日、改良新型「マキシマ」を発表しており、記事は「撤退説払拭(ふっしょく)の意志を示した」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「みんな、拍手しよう」「死ぬまで全ての日本製品の不買運動をするぞ」「日本人も韓国製品を買わないらしいじゃないか」など、不買運動を呼び掛けるコメントが殺到している。

一方で「不買運動のせいで店じまいをしたように記事を書いているが、日産は元から売れてないんだよ。記事の捏造(ねつぞう)はやめてほしい」「でもユニクロに行けば客はいる。彼らはみんな、日本国籍か?」「コンビニの横に『ノー日本』と横断幕が掛かっていても、コンビニの前のテーブルでは20代の若者たちが日本のビールを飲んでいる。不買運動なんて本当はごく少数の人しかしていないんじゃないか」などのコメントや、「日本と仲良くしようよ。韓国に今の発展があるのは、韓国人の努力と奮起の結果だが、日本が技術的に支援してくれたこともある。韓国、朝鮮は永遠に、日本と距離を置きたくても置けない関係なんだ。元慰安婦、元徴用工には国が補償をすべきだよ」という意見も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

撤退しましょう。

もともと、韓国それほど売れていないので

このまま売れないのに韓国に拠点を置いても

赤字がかさむだけ。

いつかは・・・なんて幻想はやめて

さっさと引き揚げるべきですね。

韓国日産について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

韓国日産

韓国日産株式会社(Nissan Korea Co., Ltd.)

日産自動車の韓国における販売を行っている企業

代表はホ・ソンジュン

2015年9月現在の段階で、販売店が国内に18店舗(ソウル・江南区/瑞草区/木洞、済州道「プレミアオート」、大田広域市「ネオモーターズ」、釜山「SBモーターズ」など)しかないため、同じルノー傘下であり提携先でもあるルノーサムスン自動車のディーラー整備網も利用している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする