中国「台湾断交」の魔の手、次はソロモン諸島に…

フォーカス台湾

台湾、ソロモンと断交 国交国16カ国に 呉外相「極めて遺憾」

(台北 16日 中央社)呉ショウ燮外交部長(外相)は16日夜、太平洋の島国ソロモン諸島との外交関係断絶を発表した。中華民国(台湾)と外交関係を結ぶ国は16カ国になった。(ショウ=金へんにりっとう)

ソロモンのソガバレ首相は同日、内閣会議を開き、台湾と外交関係を断絶し、中国と国交を樹立することを決めた。これに対して呉部長は「極めて遺憾であり、強く非難する」と述べた。

中華民国は1983年にソロモン諸島と国交を樹立。ソロモンは台湾が外交関係を有する太平洋の国のうち、面積(2万8450平方キロメートル)、人口(約60万人)ともに最大だった。残る太平洋の国交国はキリバス、マーシャル諸島、ナウル、パラオ、ツバルの5カ国。

蔡英文総統が2016年5月に就任して以来、台湾と断交した国は6カ国目。

中国の魔の手がここまで伸びていたんですね…

2016年以降、台湾と断交していった国々は

①サントメプリンシペ(総人口約20万人)

②パナマ(総人口約410万人)

③ドミニカ共和国(総人口約1077万人)

④ブルキナファソ(総人口約1919万人)

⑤エルサルバドル(総人口約638万人)

調べてみると、やはり中国からの内政干渉や

資金提供などなどがあったようですね。

中国のどす黒いやり方に飲み込まれてしまった国々です。

ただ、エルサルバドルは新政権補足後、見直しを図っているようですが

台湾との国交を回復するまでいけるのでしょうか…

日本はいつに日か、台湾を国として認めて

国交を再度結んでほしいですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする