中華製の鉄道車両が、もうすぐインドの地下鉄を走る 「中華製は壊れやすい」はもはや過去??

新華社通信

中国製地下鉄車両、インドのナビムンバイで走行試験に成功

 【新華社ムンバイ9月7日】中国の鉄道車両最大手、中国中車集団(CRRC)が製造した地下鉄車両がこのほど、インドのナビムンバイで初の走行試験に成功した。

今回試験を行ったのは、ナビムンバイ地下鉄1号線を走る車両で、同線は全長約11キロ、工事費が4億ドル(1ドル=約107円)以上となっている。

高い性能と信頼性に加え、低コストを実現した中国製地下鉄車両はインド市場で人気を集め、現地の人々の移動を着実に便利にしている。

ナビムンバイはインドの金融の中心地ムンバイから約50キロにある。(記者/張興軍)

インドの地下鉄は、日本のODA(政府開発援助)の支援を受けて

2006年開通しています。

車両は、韓国や日本、ドイツが製造に関わっていたようですが

今回は、中国製の車両を選んだようですね。

価格が一番安いのが最大の魅力でしょうか。

とはいえ、それでいて信頼性や安全性もある程度の域にあれば

問題ないと思います。

「中国=壊れやすい」というイメージは過去のものになったのか

ちなみに、日本で使われている車両は

日本で使わなくなっても他国に売ったりしていますので

数十年も現役で走れますよ~

タイなんかでは、日本から譲り受けた車両が走っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする