韓国が河野外相交代を望むなら、その逆が正解!?

中央日報

韓経:「無礼な発言」河野外相の交代が有力…韓日関係の影響「触覚」

 韓日葛藤が高まっている中で韓国に無礼な発言を吐き出した河野太郎外相が来週改閣で交代されるものと見られる。

3日、毎日新聞など日本の主要メディアによると、11日に予定された日本政府改閣で河野外相が退いて茂木敏充経済再生担当相を起用する案が浮上している。

日本のメディアは安倍首相の周辺要人の発言を引用、「茂木経済再生相が次の外相になるだろう」と伝えた。最近、合意を導き出した日米貿易交渉で茂木氏が手腕を発揮したという点を安倍首相が高く評価しているという説明だ。

一部ではしばらく茂木氏が外相を兼任する案まで取り上げられている。日本経済新聞は「安倍首相が2日、内閣改造を来週に実施する方針を示した。過去しばしば使っていた『骨格を維持する』との表現を使っていない」として外相をはじめとする主な職責が変わるだろうと分析した。河野外相の交代は確実視されているが、麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官は留任するとの観測がとりざたされる。

政権の3大柱である財務相、外相、官房長官の中で外相だけが交代の対象に取り上げられているのは河野外相が韓日葛藤の過程で国内政治的立場だけを考慮して妄言を繰り返したためという指摘が多い。河野外相は7月、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を招致した席で南大使の話を遮って「(韓国が)極めて無礼だ」と強い口調で話した。当時日本国内でも河野外相の発言が侍のように「上の人」が一般民である「下の人」に使う言葉を国際関係で使ったという批判が多かった。

先月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の光復節(解放記念日)演説に対しては「国際法違反の状況を是正するリーダーシップを取ってほしい」と発言して過去史問題に対して反省する気配を見せなかった。

河野外相が韓日葛藤の過程で経済産業省に奪われた主導権を取り戻すために「嫌韓」発言で行き過ぎた反応を見せたという見方も少なくない。立憲民主党の枝野幸男代表は先月末、日本のテレビ番組に出演して「河野外相が妥協の余地のあるようなことがあったにもかかわらず、韓国のプライドを傷つけるようなやり方でやるのは、明らかに外務大臣の外交の失敗」と指摘した。※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

つまり、河野外相続投が一番良いということになります。

是非、続投でお願いしたいですね。

岩屋防衛相は交代でお願いします。

河野外相は、妄言など言ってませんし

正しいことをしていると思っていますので。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする