韓国が日本に勝てないのは、独自の技術がまるでないから ノーベル賞も平和賞一人

中央日報

韓日の経済力に2、3倍の差がある理由…韓国は不動産の比重が問題(1)

  日本の輸出規制措置に韓国政府も「対抗」し、2国間の「貿易戦争」が全面戦争の様相を帯びている。両国は以前に比べてはるかに難しい手続きで貿易をするしかない。韓国は2730億ウォン(約238億円)規模の補正予算も編成し、日本に依存してきた核心技術・素材開発に着手するなど貿易戦争が長期化する可能性も念頭に置いている。

『孫子兵法』には「敵と対等なら対戦するものの(敵則能戦之)、劣勢ならば避けるべき(不若則能避之)」とある。対等か劣勢かを判断するには「敵を知り己を知る(知彼知己)」という前提も必要だ。春秋戦国時代に使われた孫子兵法を現代の「貿易戦争」にそのまま適用するのは難しい。また今回の貿易戦争は避ける間もなく日本が先に始めた。韓国は自国と日本の経済力を緻密に比較・分析した後、日本を越える「克日の条件」を探すのが急務だった。これを中央日報が14日、両国の国民貸借対照表を通じて分析した。

国民貸借対照表は一国が保有する全体財産(国富、国民純資産)が記録された会計帳簿をいう。一人が持つ財産を見ると今後どれほど裕福に暮らせるかが分かるように、国家が持つ財産も国家の経済成長能力を評価する必須資料となる。韓国では韓国銀行(韓銀)と統計庁が作成する。戦争が勃発すれば参戦国別の兵力と軍艦・戦闘機・タンクなど軍保有資産目録を比較するように、国家間の経済力もこの帳簿を通じて比較できる。国際連合など国際機関が共同で設定した国際基準(2008 SNA)に基づき、国が異なっても同じ統計処理方式で作成されるからだ。

まず両国の家計・政府・企業などすべての経済主体の保有資産をすべて合わせた国富(国民純資産)は日本が韓国の2.44倍だ。昨年の韓国の国富は1京5511兆6600億ウォンだったが、日本は3京7832兆270億ウォン(2017年基準、3367兆3666億円)にのぼる。財産の「量」は日本が韓国に比べて圧倒的に多い。

運送装備・機械・知識財産生産物など生産活動に投入して付加価値を生み出す生産資産も日本がはるかに多い。韓国の総生産資産は6775兆5569億ウォンだったが、日本は3.07倍多い2京781兆4147億ウォン(1849兆7196億円)分を保有する。分かりやすく言えば、日本は韓国よりも工場が3倍も多いということだ。

もちろん工場が多いからといって無条件に生産能力が高くなるわけではない。工場で生産する商品が市場で売れないほど品質が良くなかったり不況で工場が稼働しなかったりすれば、工場の数が多くても経済に役立たないこともある。「生産手段」の量だけでなく、少ない生産手段で多くの生産物を作り出す生産効率性も重要だ。しかし生産効率性の側面でも韓国は日本より劣る。すべての土地・建物・機械・知識財産など国富(国民純資産)を活用していかに多くの国内総生産(GDP)を達成したかを表す、純資産に対するGDP比率は韓国が12.2%だが、日本は16.2%だ。1000億ウォンの工場・土地・機械を活用しても韓国は年間122億ウォン分を生産する半面、日本は162億ウォン分を生産しているということだ。

韓国が日本より生産効率性が落ちる理由は何か。専門家は韓国は付加価値を創出する生産資産よりも、土地・建物など不動産への資産の偏りが大きいと指摘する。韓国は国富全体の85.5%が不動産であり、日本(77.4%)よりもその比率が高い。半面、国富を純金融資産と非金融資産(非生産資産・生産資産)に区分すると、韓国の生産資産が占める比率は43.7%と、日本(54.9%)より低い。生産資産を筋肉、不動産を脂肪に例える場合、筋肉量の側面で日本は韓国よりもバランスがとれた体質ということだ。

もっと根っこの部分に問題があると思います。

韓国は、技術を盗用したり

他国の製品をパクってますよね。

そんなやり方をし続ける限り

日本に追いつくことなど不可能だと思いますよ。

「ALL made in Korea」で日本に挑まなきゃ。

とはいえ、独自の技術などないに等しい韓国が

どこまでやれるのか…

結局は、同じようなやり方しかしないんじゃないかなぁと。

ノーベル賞の受賞者が平和賞一人なので

結局技術の分野では

中国にも及ばないのが韓国。

皆の反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする