表現の不自由展、岩手県でなら展示許可が出る可能性も・・・。

共同通信

不自由展「再開を」 「警備面クリアなら」と岩手知事

 岩手県の達増拓也知事は9日の記者会見で、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」について、展示に理解を示した上で「警備が(クリア)できるなら再開すればいい」と述べた。

 同時に「過去に物議を醸した作品を展示するという批評精神が高いものを、そういうものだと断った上で開くことには意義がある」と指摘した。

 また、河村たかし名古屋市長らが展示中止を求めたことを念頭に「個人的に気に入らなくても、権力的な立場にある人が発言すれば表現に対する萎縮効果が出る。好ましくない」と強調した。

岩手県では

警備面で問題がなければ

補助金も出すって事ですよね。

こんな日本を侮辱する内容でも

日本で展示する価値があるということでしょうか。

これには理解に苦しみます。

岩手県知事はこんな人でいいのでしょうか。

自費でやるとしても

場所は貸したくありませんね。

日本を馬鹿にしすぎです。

表現の自由・不自由以前の問題だと思いますよ。

皆の反応

あいちトリエンナーレの実行委員会の他に、表現の不自由展の実行委員会が設置されており、そのメンバーに極左の「反天皇」を叫ぶ組織のメンバーが名を連ねていることなど、徐々に事実が明らかになってきましたよね。

私は「あれは政治的プロパガンダであり、芸術ではない」と考えている人間ですが、ここまで問題が大きくなり、左翼系新聞と地上波テレビ局が論点をずらして国民をミスリードしている以上、再開すべきと思います。

全く元の状態のそのまんまで再開して、「あれは芸術なのか?プロパガンダなのか?」「公費を使って展示すべきものなのか?」を国民に問えば良いと思います。

オールドメディアは「表現の自由が侵害された→大村知事擁護&河村市長叩き」に終始し問題の本質に触れようとしていないと思います。

各地方のみなさん、自分の首長が昭和天皇の写真が燃やされるのを支持するような人ではないか良く注意する必要がありますよ。反日の首長が日本人であるみなさんのために仕事するわけないですからね。
何が問題かというと、左系の人達が過去潰された展示だけでなく、右側にも同様の事例がたくさんあってそれを平等に展示しないのがいけない。
警備面をクリアはできないでしょうね。 展示物に批判ががくることを想定していたというが、事前に充分な協議も周知もなされず安易に展示した。 追加の警備費用はどうするんでしょうか?
愛知県民として公金でまかなうのは絶対にやめてもらいたい。
凄いなぁ~
岩手県では警備も民意も全てをクリアにして岩手県で再開してくれるんだ!
愛知県民としては愛知県で再開するのはまっぴら御免なので、岩手県民の合意が得られるのなら勝手に岩手県で岩手県の県税で再開して下さい。
昭和天皇を侮辱するような物が素晴らしい芸術作品として岩手県民に受け入れられるとは到底思えないですけどね。
岩手知事もKYか?やたら民意を煽るね

県民は再選はさせないようにお願いしたい。

各県の知事がどのような政治バランスを持っているか判る、良い機会。
堂々と意志を表明して欲しい。
ジャッジは県民。
知事と言う立場にある人は、他県の決定事項に介入は慎むべきですね。
岩手県民と愛知県民は、
次の選挙では、どうするべきか
考えた方がいいね。
名古屋は17.18日に三代目のライブがあります
約4万人が来ます
野球の満員より多い
そんな中で再開でもすれば標的になるかもしれない
かなり迷惑
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする